FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会報告9の2

9月の勉強会報告の続き。
まずは神戸で開催されたカンファレンスでの発表報告。
カンファレンスでは時間の制約から詳しいお話ができなかったので、
勉強会では質問や感想を挟みながらのプレゼンテーションとなった。

◆D.I.N.G.O.カンファレンス報告
9月15,16日に神戸で開催されたカンファレンスのうち、
勉強会参加者の発表者によるプレゼンテーションを再現。
というより、より細かくデータを説明していただき、
とっても面白く興味深いものだった。
今回は25分間のプレゼンテーションだったので、
来年は是非、50分間の発表をお願いしたいものだ。

題目は「ネガティブ犬種図鑑?!
-コミュニケーション・チェックを読む-」

最新版のコミュニケーションチェック255頭の集計結果報告。
サンプル数が10を超える犬種を対象にしている。
(今後データ量は増えると思うので楽しみ。)

三重県で犬育てクラスに参加する犬種は、
トイプードル(17%)が最も多く、次いでミックス(15%)、
柴犬(13%)、チワワ(7%)、ラブラドール(5%)、
Mダックス&ボーダーコリー(4%)と続く。

1歳までが4割、2歳までだと6割に達する。
(パピーは基本的にコミュニケーションチェックを受けていない。)

・ストレスを感じやすい犬は1位がMダックス、
・社会化不足はチワワ(やはり!)、
・飼主への依存度が高いのはMダックス
(それがストレスにつながっているのかも)、
・抑制が効きにくいのは柴犬(これもやはり!)、
・縄張りを守りやすいのはチワワ(社会不足の順位と同じ!)、
・物を守りやすいのもチワワ。
・わがままになりやすいのはMダックスとボーダーコリーで
 その犬種のほぼ半数。
・咬みやすいのがMダックス。

なんとMダックスが8項目中4種目で金メダル?。

逆に、
・ストレスを感じにくい犬種は、1位がラブラドール(納得)、
・社会性があるのがボーダーコリー(若いうちはいいのか?)、
・飼主への愛着が低いのが柴犬(これも納得)、
・抑制が効きやすいのがMダックス(これは意外!)、
・縄張りを守りにくいのはボーダー
(本当?ケージに閉じ込められているのか?)、
・物を守りにくいのはボーダーコリー(ホントにホント?)、
・わがままになりにくいのはチワワ(信じられない!)、
・咬みにくい犬種はトイプードル(ウソでしょ?)

平均的に飼いやすい(問題が起きにくい)犬種は、
柴犬!ラブラドール、ボーダーコリーという結果。
印象とデータはこんなにも異なるのか…と思った次第。

◆こんなセミナー聞いてきたは、ピアシルバーニ特集
「攻撃性のある犬のリハビリ
対犬に対して攻撃行動のある犬たちを集めてのリハビリクラス。
ステップは3段階で各々ゴールを定めたトレーニングクラスの紹介。

当時、ピアシルバーニ氏のもとには週1000頭の犬たちが
クラスを受けに来ていたそうだ。
その中から攻撃的な犬たちを集めて開催していたのがこのクラス。
7年間で547頭の犬たちが受講したという。

ちなみにレベル1(第1段階のクラス)のゴールは、
A.リードをつけて犬の脇を落ち着いて歩く
B.他の犬に出会った時、リラックスして落ち着いていられる
C.犬が確実にキューに反応する
D.飼主のタイミングと知識が向上する
E.犬が指示を求め飼主を見る
かなり中身の濃いクラス。

「パピートレーニングがうまくいかない?/小型犬のためのクラス」
第1部がパピーについて。
パピークラスの問題点がどこにあるかを考察する。
何を教えるべきか、要点を洗い出し解説する。

第2部は小型犬クラス開催のススメと
その際の注意事項をまとめたもの。
小型犬でなくても必要なことが多くカリキュラム作りに役立ちそう。

今回は以上2つ。
次回は「遊びの科学」「シェルターワーク」
「コーチングスキル」を予定。

◆JAPDTカンファレンス報告
杉山尚子氏、山本央子氏のセミナー報告。
杉山氏は、行動分析学の基本的な考え方。
当日は実際に行動を分析してみるワークショップ的な時間も
設けられたとのこと。

山本氏は、行動分析学を用いて現場で起こる出来事を分析し、
基本的な概念と注意点を解説。
報告をお聞きして、論理的で有意義なお話だったのだなと思った。

行動を分析する際は、行動を定量的に扱い、
頻度や強度、持続時間を計測する。
行動の肩書(バカだから…など)、
見聞(犬を何頭もしだてた人が言うには…)、
過去の出来事(虐待されていたから…)、
にとらわれ過ぎないで行動の機能分析
(いつ?どこで?何に対して?いつまで?対処)を行うこと。

◆問題解決シート
以前に完成した「排泄」につづき「吠える」が完成間近!
「吠える」の解決シートを皆さんにチェックしていただいた。
完成したらまた紹介する。

◆応用行動分析
『はじめての応用行動分析』(二瓶社)から
第8章「不適切な行動を減少させる結果操作」の手続きの階層を紹介。

レベルⅠ:
a.低頻度行動の分化強化 
b.他行動の分化強化 
c.対立行動の分化強化
d.代替行動の分化強化

レベルⅡ:
消去

レベルⅢ:
a.レスポンス(反応)コスト 
b. タイムアウト

レベルⅣ:
a.無条件性嫌悪刺激
b.条件性嫌悪刺激
c.過剰反応

以上についてザックリ紹介。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。