FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩(1)

若いラブラドール「はいす」をわが家で預かって今日で7日目。
昨日は、鈴鹿短大に連れて行き、授業に出席してみた。

IMG_0787_convert_20111021080730.jpg

とても静かに過ごしていた。
夕方に学校犬の「すず」と楽しく散歩して少々お疲れ気味なので、
今日は静かにお留守番だ。

日曜日にはとりあえず一度帰っていくのだが、
再度お預かりになるかもしれない。

「はいす」はとってもよい犬で、エネルギーに満ち溢れているが、
抑制がきいた甘えん坊の「元気なラブ」そのもの。

朝の散歩で十分匂い嗅ぎをして、いろんなものを口で確認し、
なんにでも興味深々。

今のお気に入りは、道端に落ちている「毬栗(いがぐり)」。
一人でトゲトゲと戦って喜んでくわえて歩いている。
次の毬栗や木の棒やにおいの元を発見した途端、
口から出してしまうのだが・・。

通常、わが家の2頭、15歳のラブと13歳のシェパードの散歩は、
5メートルちょっとのリードの両端に2頭をつないでウロウロする。
(このリードを上手に使いこなすには少々技術が必要。)

首輪にリードをつけているので、
強い刺激が首に伝わらないようにするため、
「ソフトリード」と呼んでいる
やさしいリードコントロールが求められる。

もちろんハーネスにすれば
そこまで神経を使わなくてもよいのだが、
ハーネスをつけても役に立つ技術だと思う。

詳しくは後日にお話しするとして、
「はいす」の動きは激しいので、
5メートルでは追いつかず、やはり7メートルくらいは必要になる。

わが家の老犬の30分散歩では足りないので、
前半にシェパードと、後半にラブと一緒に合計で1時間の散歩だ。

DSCN2432_convert_20111021080356.jpg

写真のような感じで毎日散歩している。(毬栗と戦い中)

この散歩でも前回の「家庭のルール」と同様に
「犬に何を教えるか」を考えさせてくれる。

続きは後日。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。