スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会報告8の2

5月の勉強会報告の続き

◆引っ張り犬対策
わが家でお預かりのゴールデン(34.5キロ)のハンドリングを通して
引っ張り犬への対処法を考える。
リードは3mや5m、1.8mの利用を想定。

①すぐにできること
・リードが張ったら進まない(手を固定し手首を返す)
・ポンピングブレーキ(リードが長い場合、一度に止めると双方の
  負担が大きいため、止めては緩める…を繰り返し勢いを止める)
・振り返ったら褒める(名前と関連づけることも)
・人が止まったら止まる(フードで強化)
・呼び戻しの練習

②少しトレーニングが必要
・ヒールポジションを教える
・床にフードを投げてアイコンタクト(衝動を抑える練習)
・リードの張り具合を常に一定に(止めたい瞬間に止める準備)
・止めたら緩める(引っ張りっこにならない)

③トレーニングが必要
・ソフトリード(オイデの合図としてリードを“ソフト”に引く)
・一緒に歩く(行きたい所に行くには飼主の横について歩くことを
  犬が自発的に選ぶ)
・リードを張る動きの「出始め」を止める(人のトレーニング)

◆こんなセミナー聞いてきた「目次」
最近はセミナーが減った。特に海外からの講師によるものは。
これまで聞いてきたセミナーの内容を簡単に紹介することで
知識に厚みが出るかも…と始めた企画。
今回は目次のみ。

・2000.01 トゥーリッド・ルーガス  「カーミングシグナル」
・2002.07 スザンヌ・ヘッツ     「デルタ協会での事業」
・2002.11 イアン・ダンバー   「イヌの問題行動としつけ」
・2002.12 スザンヌ・クローサー  「アスレティックドッグ」
・2002.12 山崎恵子     「アニマルシェルターを考える」
・2003.07 サラ・ヒース 「犬社会の支配性・階級制について」
・2003.07 小田史子         「3つの箱と4つの法則」
・2003.07 ビリング・ハースト       「生食セミナー」
・2003.11 ワイン・ハンゾーセン         「行動学」
・2003.11 ドーン・イエイクス    「チューズトゥヒール」
・2004.  ピア・シルバーニ     「パピートレーニング」
・2004.04 パメラ・リード            「ASPCA」
・2004.07 ジーン・ドナルドソン  「イヌの行動と矯正方法」
               「最先端のドッグトレーニング」
             「イヌのコミュニケーションと感情」
・2004.10 行政獣医師           「RSPCAの紹介」
・2004.11 イアン・ダンバー「トレーニングテクニックの比較」
・2005.05 ピア・シルバーニ      「コーチングスキル」
・2005.06 ケン・マッコート        「難しい犬の…」
・2005.08 リエン・バーカー        「罰を科学する」
・2006.07 レイ・コピンジャー   「イヌの歴史・行動学…」
・2006.09 ジェニファー・メッセ     「パピークラスを…」
・2006.09 中島定彦        「犬の社会的知性を探る」
・2007.03 トゥーリッド・ルーガス  「カーミングシグナル」
                (ワークショップ&キャンプ)
・2007.10 ケン・マッコート      「ボディーシグナル」
                   「コンサルテーション」
                (ワークショップ&キャンプ)
・2007.11 アンジェラ・ストックデイル「ティーチングドッグ」
・2008.03 ボブ・ベイリー       「行動の科学と技術」
・2010.09 ピア・シルバーニ      「シェルターワーク」
                       「遊びの科学」
                「攻撃性のある犬のリハビリ」
・2011.06 クライブ・ウィン     「イヌの失われた歴史」
            「なぜイヌは我々をそれほど愛するか」
・2011.11 ケン・マッコート       「ウルフパーク」
                   「エバリュエーション」
                 「行動アセスメント・学習」
・2011.11 尾形庭子          「犬と猫の問題行動」
・2012.05 イアン・ダンバー 「学習理論、実践アプローチ…」
・2013.02.24 平井潤子  「被災地に学ぶペットの防災対策」

他にもあるのですが、現在、資料捜索中!


◆認知行動療法セミナー報告
奈良の薬物依存治療共同体施設(月1回ドッグプログラムを開催)で
認知行動療法のセミナーが開催されたので、簡単にご報告。

認知療法と行動療法に分けて解説がある。
行動療法は僕たちがよく知っている手法で、
4つの随伴性や消去バーストなどの解説と治療例の紹介がある。

認知治療については、人によって物事の認識のしかたに癖があり、
その癖を知り、他の受け取り方と調整することで
考え方を少し変えてみようというもの。

セミナーはとても面白く、
お客さんとのコミュニケーションに役立つのではないかと思い、
講師として勉強会にお招きしてのセミナー開催を検討中。
赤字は悲しいのでその際は皆さんふるってご参加ください。

今回は以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。