スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会報告6

インストラクター志望者や学生と接していて感じるのは、
コミュニケーションスキルを磨く必要があるということ。
(このブログも「だれでもわかる」ことに配慮はないので
僕が偉そうなことは言えないのだが。)

言語を共有しない犬(もちろん合図は理解できるのだが…)との
コミュニケーションはとれたとしても、
共有するルールの異なる他人に意図を伝えるというのは意外と難しい。

企業が求める人材には、このコミュニケーション能力が必要らしい。
企業に「育てる」余裕がなくなったのか、
最近の学生のコミュニケーション能力に問題があるのかはわからない。
ただ、我々インストラクターの仕事に欠かせないことは確か。

短大のカリキュラムにコミュニケーションのスキルアップのための
授業が必要になる。それについてもまた考えてみたい。

今回のご報告、1月の勉強会はケーススタディから始まった。

◆ケーススタディ
2つのケースについて考える。
コンサルテーションシートに則って問題を整理していくと
必要な情報と対処法が整理できる。
プロフィール(犬と飼主さんの情報)に加えて 

①コミュニケーションチェック 
②問題行動の概要 
③行動のきっかけ 
④問題行動の評価(強さ・頻度・危険度合…) 
⑤行動の結果、飼主の対応 
⑥治療のゴール 

ここまでは飼主さんからの聞き取り情報。
以上に基づいて行動を分析。

⑦行動に伴う感情(好:楽しい・嬉しい・興奮度合、嫌:怖い・攻撃・興奮・不安) 
⑧守るべき資源(物・スペース・飼主・安全) 
⑨本能(捕食・繁殖・危機回避) 
⑩ストレス(健康・環境・欲求) 

その上で診断し、解決方法を考える。

⑪診断 
⑫管理の方法(行動を悪化させないため) 
⑬学習の手順(馴化、古典的条件づけ、分化強化など) 
⑭関係の見直し(飼主との関係改善など)

2つの問題とも上記項目に則って解決方法を検討した。
コミュニケーションチェックは問題行動解決にとって重要な情報を
得ることができる。ただ、読み取りに若干の経験が必要。
次回の勉強会で何例かを解説してみたい。

◆パピーカリキュラム
ステップバイステップで進めていく部分と、
毎回同じことやそのバリエーションを繰り返す部分に分かれる。

カリキュラム項目は「ケアー」「交換」「社会化」「お行儀」「遊び」
P.I.G.のHPからダウンロードできるようにしてもよいかもしれない。
(ご要望があればブログでも公開・解説します。)

前回の勉強会終了後に動物病院でのパピークラス見学会があり、、
参加者からその時のフィードバックを頂く。

◆動物病院配布用資料の解説
仲間と一緒に作った動物病院で飼主さんに配布いただくための資料の
獣医師向け解説を参加者に紹介。

資料は下記の4つ。④は動物病院用で飼主さん向けではない。
①コミュニケーション☆エクササイズ
②ストレスマネジメントチェックシート
③仔犬に大事な4つのこと
④パピーエバリュエーションチェックシート(動物病院用)
(上記資料はP.I.G.のHPのデータのページからダウンロードできる。)

解説を作るのに1年くらいかかった。
解説の方が4つの資料より内容が濃いかも。
できればその内容もブログで少しずつご紹介したいと思う。乞うご期待!

◆「ロシアの銀ギツネ」映像
BSで放送された「いのちドラマチックスペシャル オオカミからイヌへ」
という番組の映像を観賞。
現在のロシアの研究施設を科学者の福岡伸一氏がレポートし、
銀ギツネの散歩!などをしておりました。

映像とエピジェネティック(遺伝子は変わらないがその発現の時期が行動に影響を与える)という遺伝についての話は興味深い。

◆最後はアニマルラーニング
恒例のアニマルラーニング。
僕はとても面白いと思うのだが、勉強会での優先順位はいつも低い。

鈴鹿短大の授業で使用しているテキスト(『アニマルラーニング』と『学習の心理』をまとめたものでキーワードが虫食いになっている)をそのままコピーして使用。
今回は「古典的条件づけ2」。
消去と制止条件づけ、条件反応の形、生物的制約という内容。

この段階で頭が痛くなる方もいらっしゃるだろうが、
これらが犬のトレーニングにどういった影響を与えているかを考えると
とても楽しい。

消去バーストや外制止、脱制止。
制止条件づけによる後退反応、拮抗条件づけ、自動反応形成、
無条件刺激と条件刺激の関係、環境への適応など、
普段僕たちが犬とのトレーニングで遭遇するあれやこれやが
どんな原理で起こっているのかがわかる。
それを理解することで現場で応用が利くようになる。

これもブログで書き溜めていければと思うが作業は進んでいない。

以上、2013年1月の勉強会報告でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。