FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄宿舎生活(6)

人の性格や行動に特徴があるように、犬にもタイプがある。
チャロを見ていると「好奇心旺盛で鋭利でない斧」って感じ。
あっちに走ったかと思うとすぐに別の方向に走り出す。
走り出したらすぐには止まれない。

行きたいと思えば少々の障害物は気にもとめない。
おまけに相手の都合も気にしない。
(先日は学校犬すずのウンチ中に体当たりしてなぎ倒していた…!)

IMG_0522_convert_20130325001654.jpg

「鋭利で細身のナイフ」のような犬なら1度で学ぶ経験も、
何度も繰り返すうちに、やっぱり無理かな…と思い始める。
何度も繰り返し伝えないといけないのでそれなりに大変ではあるが、
考えている経過がゆっくりなのでわかりやすい。

気になっていた体重は徐々にフードを増やすことでいい体形になった。
僕の常識は超えているが現在1日200CCのカップ9杯食べている。
これにガムと散歩時や管理のためのおやつ。
暖かくなるにつれ、少しずつ量を減らしていこう。

今回からはチャロの「困った行動」への対処法を書こうと思う。
寄宿舎生活(5)でご紹介したように、
あり余るエネルギー、激しい要求吠え、分離不安、拾い食い、
抑制のなさ、などが主な問題点。

あり余るエネルギーは抑制のなさを生み、
激しい要求吠えは分離不安とも関係があるだろう。
拾い食いはそもそも犬の持つ強い行動レパートリーのひとつ。
(若い犬にとって探索行動は脳に刺激を与えるためにも必須だし、
ストレス解消にも欠かせない行動。)

以上の3つについて考えてみる。

あり余るエネルギーについては散歩量を増やすことと
ドッグランなどで運動量を増やすこと
かじるものを常時数種類与えておくことで対処している。

週に2回は短大のドッグランで学校犬すずと遊んで(暴れて)いるが、
トゥーリッドさんが見たら「やめさせなさい!」と言うだろうな…。
本当に大暴れ。

毎朝の河川敷散歩は体重減少と軟便で困っていた時に中止した。
その後は老犬キーパとのゆっくり散歩に切り替え現在に至っている。

イージーウォークでの散歩はほぼ引っ張らない。
何気に首輪(プレミアカラー)に変えてみたところ、
上記の「斧」のようにとんでもないことになったので、
しばらくは首輪でも引っ張らない練習をすることにする。

具体的には、
軽く指でリードを引くと戻る(ソフトリードと呼ぶ)ことを教え、
こちらを振り返ったら言葉でマーク(「そう」)し、フード。
徐々に「戻ったらフード」に基準を上げていく。

ソフトリードで呼び戻したらフードを与えるが、
「Go!」の合図まではそばでフードを与え続け、
その場にとどまることを伝える。

もちろんリードが張ったらそれ以上進めないようにリードを固定する。
これが最初は大変。固定する手や腕が痛くなる。
イージーウォークって偉大。
チャロの首にも負荷がかかるだろうが気にしていない様子。

長いリードで散歩している時に
勢いがついている場合は一度に止めると双方に負担なので、
ポンピングブレーキのように段階的に止める。

リードが張ると戻るようになったら、今度は巻き戻し。
引っ張ったら数歩戻ってまた歩き出す。
犬はいちいち戻るのが面倒になり、引っ張らなくなる。
簡単に書いたがスモールステップによる練習は必要。
詳細はまたの機会に。

リードを張らずに歩けるようになればハーネスに移行する。
突進を物理的に止める(管理する)ことと並行して、
心理的な管理も教え始める。

それについては次回。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。