FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄宿舎生活(4)

「悪い行動が報われないように管理し、良い行動を教えて褒める」
これが犬と暮らす際の鉄則。

管理が緩みすぎるとまだルールを知らない若い犬は
人にとって「悪い」行動をする。(犬にとってはしごく真っ当でも)
人はそれを放っておけないので止めたり叱ったりする。

行動は報われれば増えるので、叱るために追いかけっこが始まったり、
おいしいものが得られたり、止められることで飼主の関心が向けば、
問題の行動は酷くなる。

「黙認」は「OK!」という意味だから放っておくのはマズイ。
まあ、行動の始めや最中に叱るのはそれなりに効果もあるだろう。
しかし朝から晩まで叱り続けていては犬も人もまいってしまう。
しかも感情面は悪化するので問題が深刻化することもある。

まずは悪い行動が起こらないように管理して、
して欲しい行動を犬の行動レパートリーに入れて強化する。
これに尽きる。


チャロと夜に家に戻ったら晩御飯。
その前に家に入るためのいくつかのルールがある。
まず、玄関に入る前にお座りして待つ。
「ヨシ」で中に入ってもまだ土間にいないといけない。

複数頭いる場合は呼ばれた犬から上がり框に前足を乗せ足を拭く。
全部の足が拭けたら上がって他の犬の足拭きを待つ。

居間への戸の前でもお座りの後、名前を呼ばれた犬から中へ。
といってもキーパは戸が開くとすぐに入っていく。
最小限の抑制で十分一緒に暮らせるからだ。
不要な抑制は犬とののんびり生活には向かないと思う。

若いうちにしっかりガマン(抑制)を覚え、年齢と共に自由度を増す。
そんな暮らしがいいなと思う。

トイレのための庭への出入りのときも同様のルールがある。
扉の前でお座りして待ち、名前を呼ばれた犬から…がルール。
用が済むと掃出しサッシの前で犬たちが待っていることになる。
チャロは立ち入り禁止の洗濯物干しスペースに入ってしまうので、
リードをつけて一緒に出る。

それから晩御飯。
人の食事の間は伏せの練習なのだが、その後少しお勉強。
ケージの中にいるときは諦めて静かだが、外に出るとエンジン全開!
では困る。
居間で犬とまったり過ごしたい。

分離不安気味でなければ一緒に寝るのも良いのだが、
チャロは依存が高まりそうなので、居間で静かに過ごす練習をする。
この日は「ゴロン」をしてみた。

IMG_0375_convert_20121230072951.jpg

大型犬にゴロンを教えておくと、歯石取りや爪切りなどで便利。
ギャラリーの2頭は、たまにもらえるおこぼれを期待している。
(もちろんギャラリーたちの食事は済み。)
そんな中でも静かにしていられるように練習。

まだまだマテが苦手なチャロだが、少しずつ待てるようになってきた。
マテは阻止なので「ヨシでフードがもらえること」の理解が大事。

IMG_0411_convert_20121230124044.jpg
お正月を迎える前に記念撮影。
(左から、わが家のキーパ、鈴短のすず、少年院の幸、チャロ)

居間で僕と一緒に横になって寝る練習をしたいのだが、
お正月にとっておこうと思う。

年明けにチャロは去勢をする予定だ。
正月休み中なら術後の様子をみれるので、獣医さんと飼主さんに
相談して決めた。


ざっとチャロとの1日を通してわが家のルールと生活をみてみた。
もちろん犬との細かい意思のやり取りはもっとあるのだが、
これからもしばらくわが家にいることになると思うので、
また、経過をご報告できると思う。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

チャロ、がんばれー

頑張ってます

チャロは現在エリザベスカラー装着中です。
にもかかわらず、エンジン全開で動くので周りは大変迷惑。
散歩はキーパばあさんと一緒に行くだけで明らかに運動不足です。
去勢手術の抜糸は1週間後。その間、お出かけも控えめです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。