スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬と暮らす(6)

家庭犬インストラクターの仕事を始めて十数年。
そのきっかけとなったラブラドールはこの春に15歳で亡くなり、
インストラクション技術の向上に多大な貢献をしてくれたシェパードは
10月で14歳になった。(下の写真は1年前のもの。)

かつて犬育てクラスに通ってくれた犬たちも高齢化し、
耳は遠くなり、目も白く濁りだし、匂い嗅ぎも時間をかけてじっくり…。
(匂いを嗅ぐ対象に鼻がくっついている!)
そんな犬たちとのコミュケーションに手の合図が役立つ。

我が家のシェパードの耳はいくら大声で呼んでもピクリとも動かない。
(最初は都合の悪いことだけ聞こえないのかとも思ったが!)
しかし、頻繁にアイコンタクト(人の顔を見る)をする習慣をつけ、
手の合図でマテとヨシ、オイデ、オスワリ&フセ、
指さし(指した方向へ行く)をしっかり教えておいたおかげで
意思疎通が思いのほかスムーズ。

ちょっと来てほしい時や離れていてもらいたい時、
静かに待っていて欲しいときなど、かなり便利。

アイコンタクトは必ずしも必要でなく、
耳でこちらの動きに注意を払えばよい、という意見にも納得するが、
アイコンタクトを頻繁に求めるような暮らしは
思ってもいなかったところで役立った。

手の合図の教え方は簡単。言葉の合図の直前に手の合図を加えるだけ。
これを繰り返すと先読みの得意な犬達は手の合図に反応するようになる。
反応したらよーく褒める。

音のない老犬との暮らしも静かでいいものだ。

DSCN3614_convert_20121209004512.jpg
(右手前の犬「幸」は、まだまだ若い。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。