スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼主の外出に大騒ぎする

これまでいろいろな犬の問題行動にかかわってきたが、
どうもうまくいかなくて試行錯誤が続くことも多い。
もちろんそれなりにうまくいくことも多いのだが、
この問題にはこれ!といった対処法がないものがいくつかある。

そんな問題のひとつが、飼主の外出時に大騒ぎする犬。
特に咬みつくなどの攻撃行動に発展している場合がそれだ。
外出しようと鍵や財布、携帯電話を手に持つと騒ぎはじめる。
この時の「理由」によって対処法も分けて考えないといけない。

1.愛着がもととなる分離不安
2.資源(飼主)の消失への怒り
3.境界線の出入りのコントロール

などなど。しかし、これが混ざっている場合がほとんどだと思う。

これまでの基本的な対処法は

分離不安には、
・外出時と在宅時のギャップを小さくする
 (外出特に帰宅時に落ち着くまで待つ)
・外出のサインになる刺激の連鎖を断ち切る
 (鍵を持ってトイレに行ったり、コートを着てご飯食べるなど)
・外出のサインになる刺激を逆条件づけする
 (鍵を持つとフードが飛んでくる)
・自立心を育てる(ストーカー禁止=マテを教えるなど)
・要求にはいつでも応えられないことを伝える
 (抑制のきいた要求行動を教え、毎回は報われないことを教える)
・不安が大きい場合には薬の利用も考える
などが基本。

資源の消失には、
・飼主が部屋から出ることと「おいしい」と関連づける
・抑制をしっかりつける
・資源の管理と報酬を意識する(ただで与えない)
など。

境界線の出入り
・出入りのコントロール権は人にあることを伝える。
・人の出入りと「おいしい」を関連づける
・抑制をしかっかりつける
など。

共通項目として
・騒いでいる時にご褒美を与えない
 (愛着は飼主自身、資源は飼主自身と食べ物、境界線は食べ物)
・攻撃行動を出させない管理(リードでつなぐ、居場所を限定する)
・抑制をつける
・叱るなどは葛藤のもとになるので禁止
だろうか。

問題の原因は先ほども書いたように混ざっていることが多い。
なのでいずれの問題でも飼主が離れることの逆条件づけを行う。
具体的には

①飼主が離れるとフード
②飼主が離れるときに騒がなければフード(飼主が撫でる)

を脱感作を併用して行うことが多い。


以前からいろいろと試してみて、
効果がある程度期待できるようになるにはもうひとつ要素が必要だ。
それは内的報酬が外的報酬に切り替わってから
オペラント条件づけに持っていくことを意識すること。

つまり①飼主が離れるときにフードを与えるのだが
この段階をしっかりと繰り返すこと。
内的報酬が外的なものに変わるまでどれだけ時間がかかるかは
犬や上記の他の練習をどのくらいできているかによっても異なる。
通常数か月かかると思う。

その段階が終了してから次の段階②に進む。
飼主が離れるを脱感作を利用して2,30回繰り返すと
離れるときに反応しなくなるのでその時にのみフードを与えるなど。

時間がかかるのだが、今のところ一番好成績。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。