スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物以外のご褒美

ご褒美のルールは、
・犬にとって欲しい「もの」や好きな「こと」である
・勝手に得られない
・飽きていない
ということ。

好きな「こと」は出来事だけでなく、行動であったりもする。
行動がご褒美に?と思うが、これはプレマックの原理という。

硬く言うと
「発生頻度の低い行動の報酬に発生頻度の高い行動を使う」
ということ。

柔らかく言うと
「宿題したら遊びに行ってもいいよ」
ということ。

そうすると食べ物や撫でる、遊ぶ、おもちゃなどの他にも
犬にとってたくさんご褒美がある、ということになる。

例えば、匂いを嗅ぐ、ボールを追う、庭に出る・・・など。
そのために犬のボディーサインを見て何を求めているかを
読みとる必要がある。
犬も背中を掻いて欲しいのにトイレに連れて行かれても困るだろう。

また、飼主の持つご褒美の種類が多いほど、
飼主の価値は高まる。(般性強化子)

家庭のルールや行動を「教え」たければ、
ご褒美は食べ物が手っ取り早いし効果的だ。
その後、学習が進めば食べ物以外のご褒美に切り替えていく。

前回に考えた学習の流れは、

自発行動 → 弁別 → 般化 → 環境の合図化 

行動の始まりは自発行動を引き出すこと。
その段階でのご褒美は食べ物が便利。

座る → フード

これに合図が加わり弁別させると、

「オスワリ」 → 座る → フード

となる。

合図をつけたら「オスワリ」と言わない限り座ってもフードがでない。
こうして合図を意識化(弁別)する。
しっかり合図が理解できたら般化の「かきくけこ」の段階へ。
フードのご褒美は別のものに切り替えていく段階だ。

そこまでクリアすれば「環境の合図化」となる。
環境の合図に反応した時のご褒美(強化子)は
食べ物以外のものを利用したい。

環境の合図は普段の生活でおこる出来事を合図にしているので
食べものだけがご褒美だと、得られる時が限定されやすい。
(ご褒美の出るときと出ないときの弁別が起こりやすくなる。)

また、弁別が起こらないように食べ物のご褒美を
ランダムに使えたとしても(部分強化)
おそらく捕食本能が働くので興奮レベルが上がる。
飼主を見るとテンションが高まる傾向のある犬は要注意。

穏やかな暮らしを送るためにも
環境の合図には食べ物以外のご褒美を使ってはどうだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。