スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルキナファソ

「ブルキナファソ」が何のことだか全く知らなかった。
西アフリカのサハラ砂漠の南端にある世界の最貧国のひとつだそうだ。

『世界の半分が飢えるのはなぜ?』
(ジャン・ジグレール著 合同出版)という本に出てくる。
この本は子どもとの対話形式で、平易な言葉で飢えを考える良書。

その中で数章を割いて解説されているのが「ブルキナファソ」。
この国にはトーマス・サンカラという人がいた。
とても若く偉大な大統領だ。
以下に本書の一部を簡単にまとめてみる。

ブルキナファソは、かつての宗主国フランスに管理され、
政治腐敗により非常に貧しく、国民は苦しい生活を強いられていた。
人口は1100万人で3万8000人の役人が国家予算の70%を
自分たちの給料にあてていて、足りない予算は援助に頼っていた。

トーマス・サンカラと仲間はこの国を変えるべく行動を起こした。
クーデターにより大統領になった4年間で農業生産は急激に増加し、
国家支出は大幅に削減され、生まれた資金は
住民に密着したプログラムに投資され、自給自足の農業に変わり、
社会構造も民主的で公正なものに方向づけられた。

ところがこの成功は近隣諸国に脅威を与えた。
特に近隣諸国の元宗主国フランス政府には放置できない状態だった。
サンカラは一番の親友コンパレオの手によって殺害される。
外国勢力に操られた自国の軍部による死で37歳という若さだった。

その後、コンパレオによる統治となり
もとの「普通のアフリカ」に戻ってしまったそうだ。
これは大昔の話ではなく、25年前に起こったことだ。
人間というのは愚かな動物だと自覚して生きるべきか。

「アラブの春」はどこへ行く?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。