FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会報告9の2

9月の勉強会報告の続き。
まずは神戸で開催されたカンファレンスでの発表報告。
カンファレンスでは時間の制約から詳しいお話ができなかったので、
勉強会では質問や感想を挟みながらのプレゼンテーションとなった。

◆D.I.N.G.O.カンファレンス報告
9月15,16日に神戸で開催されたカンファレンスのうち、
勉強会参加者の発表者によるプレゼンテーションを再現。
というより、より細かくデータを説明していただき、
とっても面白く興味深いものだった。
今回は25分間のプレゼンテーションだったので、
来年は是非、50分間の発表をお願いしたいものだ。

題目は「ネガティブ犬種図鑑?!
-コミュニケーション・チェックを読む-」

最新版のコミュニケーションチェック255頭の集計結果報告。
サンプル数が10を超える犬種を対象にしている。
(今後データ量は増えると思うので楽しみ。)

三重県で犬育てクラスに参加する犬種は、
トイプードル(17%)が最も多く、次いでミックス(15%)、
柴犬(13%)、チワワ(7%)、ラブラドール(5%)、
Mダックス&ボーダーコリー(4%)と続く。

1歳までが4割、2歳までだと6割に達する。
(パピーは基本的にコミュニケーションチェックを受けていない。)

・ストレスを感じやすい犬は1位がMダックス、
・社会化不足はチワワ(やはり!)、
・飼主への依存度が高いのはMダックス
(それがストレスにつながっているのかも)、
・抑制が効きにくいのは柴犬(これもやはり!)、
・縄張りを守りやすいのはチワワ(社会不足の順位と同じ!)、
・物を守りやすいのもチワワ。
・わがままになりやすいのはMダックスとボーダーコリーで
 その犬種のほぼ半数。
・咬みやすいのがMダックス。

なんとMダックスが8項目中4種目で金メダル?。

逆に、
・ストレスを感じにくい犬種は、1位がラブラドール(納得)、
・社会性があるのがボーダーコリー(若いうちはいいのか?)、
・飼主への愛着が低いのが柴犬(これも納得)、
・抑制が効きやすいのがMダックス(これは意外!)、
・縄張りを守りにくいのはボーダー
(本当?ケージに閉じ込められているのか?)、
・物を守りにくいのはボーダーコリー(ホントにホント?)、
・わがままになりにくいのはチワワ(信じられない!)、
・咬みにくい犬種はトイプードル(ウソでしょ?)

平均的に飼いやすい(問題が起きにくい)犬種は、
柴犬!ラブラドール、ボーダーコリーという結果。
印象とデータはこんなにも異なるのか…と思った次第。

◆こんなセミナー聞いてきたは、ピアシルバーニ特集
「攻撃性のある犬のリハビリ
対犬に対して攻撃行動のある犬たちを集めてのリハビリクラス。
ステップは3段階で各々ゴールを定めたトレーニングクラスの紹介。

当時、ピアシルバーニ氏のもとには週1000頭の犬たちが
クラスを受けに来ていたそうだ。
その中から攻撃的な犬たちを集めて開催していたのがこのクラス。
7年間で547頭の犬たちが受講したという。

ちなみにレベル1(第1段階のクラス)のゴールは、
A.リードをつけて犬の脇を落ち着いて歩く
B.他の犬に出会った時、リラックスして落ち着いていられる
C.犬が確実にキューに反応する
D.飼主のタイミングと知識が向上する
E.犬が指示を求め飼主を見る
かなり中身の濃いクラス。

「パピートレーニングがうまくいかない?/小型犬のためのクラス」
第1部がパピーについて。
パピークラスの問題点がどこにあるかを考察する。
何を教えるべきか、要点を洗い出し解説する。

第2部は小型犬クラス開催のススメと
その際の注意事項をまとめたもの。
小型犬でなくても必要なことが多くカリキュラム作りに役立ちそう。

今回は以上2つ。
次回は「遊びの科学」「シェルターワーク」
「コーチングスキル」を予定。

◆JAPDTカンファレンス報告
杉山尚子氏、山本央子氏のセミナー報告。
杉山氏は、行動分析学の基本的な考え方。
当日は実際に行動を分析してみるワークショップ的な時間も
設けられたとのこと。

山本氏は、行動分析学を用いて現場で起こる出来事を分析し、
基本的な概念と注意点を解説。
報告をお聞きして、論理的で有意義なお話だったのだなと思った。

行動を分析する際は、行動を定量的に扱い、
頻度や強度、持続時間を計測する。
行動の肩書(バカだから…など)、
見聞(犬を何頭もしだてた人が言うには…)、
過去の出来事(虐待されていたから…)、
にとらわれ過ぎないで行動の機能分析
(いつ?どこで?何に対して?いつまで?対処)を行うこと。

◆問題解決シート
以前に完成した「排泄」につづき「吠える」が完成間近!
「吠える」の解決シートを皆さんにチェックしていただいた。
完成したらまた紹介する。

◆応用行動分析
『はじめての応用行動分析』(二瓶社)から
第8章「不適切な行動を減少させる結果操作」の手続きの階層を紹介。

レベルⅠ:
a.低頻度行動の分化強化 
b.他行動の分化強化 
c.対立行動の分化強化
d.代替行動の分化強化

レベルⅡ:
消去

レベルⅢ:
a.レスポンス(反応)コスト 
b. タイムアウト

レベルⅣ:
a.無条件性嫌悪刺激
b.条件性嫌悪刺激
c.過剰反応

以上についてザックリ紹介。
スポンサーサイト

勉強会報告9の1

勉強会の報告は5月分までご紹介したが、
6、7、8月がなかなかまとめられないので最新版をご報告する。

9月の勉強会の報告(前半)

◆まず最初に、9月名古屋での金子真弓さんセミナーの報告
行動原則とクリアーなコミュニケーションについてのお話。
「指導者」と「飼主」との間のコミュニケーション方法について
カウンセリング技術の紹介。

◆次にケーススタディ
特にコミュニケーションチェックの数字の読み方について。

ポメ、2歳、♂、去勢済み   
父 5・2‐15・4・9・3‐24・04・43‐3 遠吠え
母 5・2‐11・8・7・10‐33・22・12‐2

少し長くなるが、まとめてみる。
点数は同じ犬に対する「父」と「母」それぞれによるもの。
左から

ストレス・ストレス管理、社会化不足・信頼・愛着・行動抑制、
テリトリー・物・飼主自身という資源に対する
犬の欲求度合いと飼主の管理度合、咬みの抑制

となっている。
僕自身はこの犬との接触はないが、数字からわかる情報を記す。

□管理
ストレスレベルがマックスなので、
落ち着いた、とにかく吠えない生活をさせる、
匂い嗅ぎやトレーニングで疲れさせる、
静かにゆっくり寝る時間を昼間、夜間と確保する、
ことなどが最重要。

まずストレスマネジメントの点数を上げること。
ただ、散歩については社会性がないので配慮が必要かもしれない。
刺激に吠えまくっているようではまずいので、
静かに散歩ができるところまで車で移動するなど。

日常的に移動できるスペースを十分にとり、
穏やかに暮らせるように工夫する。
縄張りを守る気持ちが強いので、窓に目隠しをする(カーテン不可)、
玄関に飛び出させない等も必要。

犬の要求吠えに飼主が反応しないように。
無視すると一時的に吠えは酷くなるが、やがてなくなる。
(これは学習のひとつだが、問題を悪化させないために必要なので
管理に入れた。同様に関係づくりにも入れている。)

□学習
社会性をつける機会をしっかりつくる必要があるが、
初めて会うインストラクターにどれくらいの時間で慣れたかを目安に、
他人に慣らすエクササイズを続ける。

食欲があるようなら一人でも多くの人に、
超スペシャルなおやつを与えてもらう。
もちろん健康を損なわない程度に。

同様に外の環境でも楽しい美味しいことが起こると経験させる。
時間がかかるがじっくりしっかり繰り返すことをお勧めする。
去勢により食欲が増すので他人や環境に馴れやすくなる。
が、太らないような管理は必要。

外で音が鳴ったり、インターホン、電話の呼び出し音などにたいしても
拮抗条件づけが必要かもしれない。
その音源と離れた位置で美味しいオヤツを与える。

普段から頭を使うエクササイズが必須。
クリッカーエクササイズなどがおススメだが、
簡単な遊びでよいので1日20分ほど食べ物を使った
レッスンタイムを作る。

ご褒美は基本ドッグフードで行ない、残りを食事にしても良い。
エクササイズには必ず「マテ」を入れる。
「マット」や「ハウス」もとても良い。
犬が自ら進んでそこに行くように、
そこで犬がくつろいで待つように教える。

ピンポンハウスができるようになれば最高。
(インターホンの音をハウスの合図にする。とても効果的。)

□関係
ご主人の言うことの方をより聞くようだが、
ご主人は怖いのだろうか?
そうでなければ「飼主自身」という資源をさらに管理し、
報酬として与えていくようにすべき。

無理やり何かしているようならすべてやめてもらう。
いろんなことに少しずつ馴らしていく方がよいと思われる。

奥さんは甘やかし過ぎなのか、
犬にあまり関わりたくないのか分からないが、
いずれにせよ関係を見直す必要がある。
ストーカー度合が高いので甘やかし派なのかもしれない。

奥さんの接し方を変えていただかなくてはならないが、
犬が怒ることはしないこと。(多分、触れないかもしれない。)
拮抗条件づけで少しずつ手入れなど触る練習をすること。
(撫でることと手入れは犬にとって全く別ものです。)

お二人とも犬の要求行動は全て無視をしていただき、
「おりこう」な時のみ関心を向けるようにする。
上記「学習」のエクササイズをしっかりやっていただければ
かなり改善するはず。

一緒に寝ているのなら、クレートを枕元に置いて、
その中で寝かせるのも良いと思うが、 かならずしも必要ではない。
自立心をつけるような暮らしが必要だが、
不安が大きくなるような急な変化は逆効果。
少しずつ自信をつけさせること。

誰に対して咬んでいるのか、何をしているときなのかがわかれば、
より細かいアドバイスが可能。
(恐らく縄張り吠えをとめるとき、手入れをするとき、
物を守って(奥さんのみ)、気に入らないとき、などだろうか。)

犬との生活にとってどんな必要があったとしても、
咬ませない生活が必須。
(足拭きなどしなくても死にませんものね。
拭く代わりに濡れぞうきんの上におやつをまいて歩かせれば、
少しはきれいになるかもしれません!)

ケーススタディは以上。
これらの情報を基に飼主さんから聞き取りをすれば
さらに問題の核心に近づくことができる…かもしれない。


あまりご要望はないのだが、
「コミュニケーションチェック読み取りサービス」を
有料で行おうかと考えている。
近々、専用のHPを作ろうかと思う。
よかったらご利用いただきたい。

仔犬に大事な4つのこと

「仔犬に大事な4つのこと」と題した資料を仲間と作成した。
仔犬の社会化の重要性は僕たちの間では自明のこと。
一般の飼主さんの多くはことの重要さに気づかないことが多い。

甘噛みやトイレの失敗やものをかじることが一大事なのはわかる。
しかし、将来のために必要なことは別にある。
最小限やっておくべき4つのことをまとめたのが上記の資料。
P.I.G.のホームページから取得できる。

今回はその解説をご紹介する。
資料は動物病院で配布していただくことを目的としている。
そのため獣医師に納得していただける説明が必要だ。
以下にその解説の内容を紹介する。
解説はいくつかの文献をまとめたものなので最後に紹介する。


1)社会化の重要性

① 社会化期にすべきことと避けること
社会化期前半(生後3週~8週)は、母犬や同胎犬への社会化、
すなわち犬であるということや犬同士のコミュニケーション、
ルール、噛みの抑制、感情の抑制を学ぶ。
後半(生後6~12週)は、周辺環境や他の動物への社会化が促進される
と言われ、人との接触の仕方や人間社会での適切な行動はこの時期に学ぶ。
人への社会化は生後12週齢以降になると困難だと言われている。(※3)

生後8~10週齢頃(特に8週齢)は、仔犬にとって最も精神的に敏感な時期
と言われ、肉体的・精神的な傷を被ると回避反応が最も生じやすく、
次第に新奇刺激を避けようとする行動が現れる。

この頃の恐怖体験は生涯にわたり記憶に残りやすい。(※4,5)
つまり、仔犬期に受けた強い刺激は消えにくいことから
“怖い”経験はさせないことが重要だと言える。

② 社会化期後の警戒心
生後4~6ヶ月齢頃から一時的に恐怖に対する感受性が高まり、
テリトリー意識が発達し、それにより吠えなどの攻撃行動が
見られるようになる。(※6)

今まで平気だったものや気にしなかったものを怖く感じたり
警戒したりするようになる。
社会化期を過ぎても“継続した社会化”が必要である。


2)脳の成長

仔犬期の社会環境が脳中枢の発達に大きな影響を与える。
この過程で神経細胞の発達は増加から減少へ転向し、
中枢神経系における必要な経路を保存し不必要なものを委縮させるという、
成長後の行動形質獲得に必須の過程を経る。(※7)

つまり、適切な時期に適切な経験をさせることで、
適切な神経回路をつなぐことができ、経験させることなく
回路がつなげなかったものは消失してしまう。(★2)

(★2)子猫の目の実験(D.H.ヒューベルとT.N.ヴィーゼルの研究)では、
生まれたばかりの子猫のまぶたを縫合し、数か月後に抜糸をした結果、
目に映ったものが何であるかを認識する機能を失っていた。
実験期間中、視覚刺激を全く与えられなかったため、
脳の視覚野は発達できなかったのだ。
その後、この認知機能は二度と回復しなかった。
このことから、機能を獲得するには、そのための適切な時期がある
と考えられた。(※8)


3)発育初期にすべきこと

① 身体を触る
幼児期(生後2日~4、5週まで)に軽くて短い身体的ストレス(★3)を与える
ことで、将来受けるストレスへの耐性がつき、感情反応も穏やかで、
ストレスに対して「強弱をつけて」反応する。
また、脳の反応にも影響を与え、問題を解決する速度が早くなる。(※9,10)

人との接触(グルーミング等(★4))を通じて、
良好な絆や社会的愛情が生まれ、
なでられたり褒められたりすることを楽しみ、
心拍数も著しく減少する。(※11)

(★3)これを行なう目的は、神経組織が活動し始める時期を早めることにある。
それによって脳の反応力が高まり、成長後の行動に違いが出る。
感情面、知能面でもプラス効果があり、子犬の成長も早くなる。(※12)

例)短時間狭い空間に入れる、冷たい物を体に当てる、様々な足場の上を歩く、
回転させる、体を指でさするなど。強く長い刺激は逆効果となる。

(★4)ラットの実験によると、グルーミング行動が多い母ラットに
育てられた子ラットは、少ない母ラットに育てられた子ラットに比べ、
成長後のストレス反応や不安行動が低下するという結果が出ている。
(※13,14,15)

② 豊かな環境で育てる
豊かな環境として好ましいのは、多種多様な場所と物があり、
珍しくて刺激的な経験ができ、そこで新しいものを学び、
問題を解決し自由に探索し、あれこれ試し、
物や場所と触れ合えることである(★5)。(※16)

(★5) 例)ときどき状況が変わる障害物や迷路、食べ物探しなど
豊かな環境で育てることにより、脳の発育が促され、
問題解決能力や学習能力が高まり、感情的に落ち着き、
状況に対してストレスから立ち直るのも早かった。
また、豊かな環境には、知的な刺激と社会的接触の両方が必要で、
もっとも重要なのは、学習と問題解決の機会を与えることである(※17)

子豚の実験では、退屈な環境で育てられた子豚は、刺激が乏しいために、
夜中も異常に活動的になり、人に対する刺激の欲求も増加した。
これは「探索」システム(★6)が異常に活発になるからではないか
と考えられる。(※18)
刺激の決乏は仔犬の人への激しい甘噛みにつながるのではないかと考えられる。

(★6)自分の身の回りを探検し、調べ、理解したいという基本的な衝動
:パンクセップ博士(※19)


4)家庭でやってほしいこと

① あらゆるモノの印象を良くする(感情の貯金)
『感情の貯金』とは「刺激に馴らす(馴化)」だけでなく、
「刺激」と「おいしい食べ物」を関連づけ(古典的条件付け)、
「刺激の印象をあらかじめ良くしておくこと」で、
≪あれは何だろう?→平気→好き!→大好き!≫と印象を変えていく。

それにより万が一、印象が悪化した場合でも軽く済み、リカバリーも早い。
また、第一印象を良くすることはとても大事で、
その刺激の印象を決定づけるほどの効果がある。
  
② 守る行動を強化しない
本能的な行動(生得的行動)は経験を繰り返すことで強化される。
犬が物を守ることは「本能」であり、日常生活で犬が口から物を奪われる経験を
繰り返すことで「守る行動(くわえて逃げる、飲み込む、うなる、咬むなど)」
が強くなる。

また、仔犬期は様々なものを口で確認する。
その際の“飼主の過剰な反応(大騒ぎなど)”は仔犬の行動を強化させる
可能性があるため禁物である。

本能にかかわる学習の基本は『悪い行動をさせない管理』と
『良い行動の強化』である。
つまり、危険なものをくわえる状況を極力排除した上で、人が奪うのではなく、
人に渡す(まずは食べ物と交換する)ように教えることが重要である。

③ 自立心を養う(分離不安の防止)
「飼主は戻ってくること」と「この場所でひとりでいることは平気」だ
と学習させることが大事である。
これを学習させる前に、長時間の留守番を経験させ続けることで、
犬の不安は増していき、ひとりで留守番ができない犬になる可能性が高まる。
飼主の外出は「別れ」ではなく、
「戻る」ことを期待させるように学習の手順を踏むことが必要。(※20)

④ ガマン(抑制)を好きにする   
社会で暮らす上でガマン(抑制)はかかせない。犬に生活のルールを伝え、
それを守ることでお互いが快適な生活を送ることができる。
ガマン(抑制)を伝える上での注意点は、無理やりではなく
犬が喜んで受け入れたい!と思う方法で伝えることである。


※3 『理想の犬の育て方』スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫 P.189-196
※4 『フォックス博士のスーパードッグの育て方 イヌの心理学』マイケル・フォックス著 北垣憲仁訳 白揚社 P.144
※5 『犬と猫の行動学 基礎から臨床へ』内田佳子・菊水健史著犬と猫の行動学 学窓社 P.14
※6 『犬と猫の行動学 基礎から臨床へ』内田佳子・菊水健史著犬と猫の行動学 学窓社 P.15
※7 『犬と猫の行動学 基礎から臨床へ』内田佳子・菊水健史著 学窓社 P.12
※8 『赤ちゃんと脳科学』小西行郎著 集英社新書 P.42
※9 『理想の犬の育て方』 スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫 P.173-174  P.180-181
※10『犬も平気でうそをつく?』 スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫 P.187
※11『フォックス博士のスーパードッグの育て方 イヌの心理学』マイケル・フォックス著 北垣憲仁訳 白揚社 P.136-139 
※12『理想の犬の育て方』 スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫 P.181
※13『犬と猫の行動学 基礎から臨床へ』内田佳子・菊水健史著 学窓社 P.27
※14「リード装着時の吠え回数」の実験Scott&Fuller(1965)より
※15「人への接近スコア」の実験Freedman et al.(1960)より
※16『理想の犬の育て方』 スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫 P.220
※17『理想の犬の育て方』 スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫P.206-217
※18『動物が幸せを感じるとき』テンプル・グランディン著 中尾ゆかり訳 NHK出版 P.21-26
※19『動物が幸せを感じるとき』テンプル・グランディン著 中尾ゆかり訳 NHK出版 P.16
※20『犬はあなたをこう見ている』ジョン・ブラッドショー著 西田美緒子訳 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。