FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足るを知る

今回も犬の話ではなく、「人の幸せ」の話。

経済には詳しくないのだが、
日本の予算の半分近くが借金だそうだ。
(2010年度予算の48%が国債)
僕たちの国は家庭では考えられない暮らしをしている。

今までの生活は変えられないので、
借金をしてでも生活レベルを維持しようということだろう。

電力でも同じことが言える。
原発が危ないことは十分わかった。
でも、原発がなくなると電力が足りないのでは…、
という意見だ。

電力は火力と水力で賄えるという試算もあるようだが、
現状では自然エネルギーや火力はお金がかかるそうだ。
(今後、普及につれて安価になるだろうし、今回の被害を考えれば
原発はもっと高価で取り返しがつかないと思うが)
今の生活を維持するために原発は必要悪なのか?

「足るを知る」とは、
物質的な満足感よりも精神的な幸福感を求めている言葉だと思う。

物質的に豊かな生活が「幸せ」を保障するだろうか?
数十年前から考えると今の生活は物質的に恵まれている。
だからといって幸福感が増したわけではないという。

やはり、収入の範囲内で暮らし、
危険な原発のない世の中で暮らしたい。


「足るを知る」はとても良い言葉だが、
注意しなくてはいけないことがある。

この言葉は物質的にある程度満ち足りた人々に対しての
戒めの言葉として理解するのが良いということ。

明日をも知れない生活を送っている人に「足るを知る」ことを
求めても受け入れられない。
最低限の生活の保証があった上での言葉だ。
人間の欲望というのは限りがない。それを戒めようというのだ。

ちなみに国の予算について、
借金づけの生活から脱出するには、
消費税を17~20%にする必要があるそうだ。

しかし、消費税というのは
「持てる人」からも「持たざる人」からも一律に徴収する仕組みだ。

そうではなく、再分配の仕組みを変えて「持てる人」から取り、
「持たざる人」も安心して暮らせる世の中になってほしい。
そういった意味で「持てる人」こそ「足るを知る」必要がある。

現状では、子どもたちの将来はどうなっていくのかとても心配だ。

話は変わるが、
先日読んだ本に社会学者ベンジャミン・ハーバーの
「私は人間を強者と弱者、成功者と失敗者とにはわけない。
学ぼうとする人としない人に分ける」
という言葉が紹介されていた。

学ばない人や向上心のない人は認められないと言われているようで、
いい感じがしない。(福沢諭吉の「学問のすすめ」のようだ。)

多様な人間をたった一つの価値観で分けて評価すること自体に
多少抵抗感もある。

ただ、世の中に
「幸せを感じ不満の少ない人」と「不満が多く不幸だと感じている人」
がいるならば、前者に近い暮らしをおくりたいと思う。

まず、日常の生活が明るい未来の可能性とともに保障された上で、
足るを知り、心豊かに暮らしたいと思う。

僕の仕事の理念は「『リードの両端の幸せ』のお手伝い」だ。
人が幸せを感じてこそ、犬との暮らしを楽しめると思う。
スポンサーサイト

短大で「犬」を学ぶ

今月はイベントなどで忙しく、
書きたいことは山ほどあるのだが、
なかなかブログをゆっくり書く時間がなかった。

先週は、ケン・マッコートが来日しトレーニングキャンプのお手伝いと、
行動カウンセリングの見学、セミナー2つに参加と大忙し。

それもやっと終了。
ずっと楽しみだったので、なんだか終わってホッとするが残念でもある。

ケン氏の話はまたにして、今回は短大の話。

CIMG2419_convert_20111124062704.jpg

現在、短大でペットコースを担当している。
学生は、学校犬すずや自分の犬とともに
「人と犬の暮らし」のための知識と技術を学ぶ。

本来の僕の仕事は、
犬の育て方を飼主さんにお伝えする家庭犬インストラクターで、
インストラクターの養成も仕事のひとつ。

短大でのペットコースの開設にあたって考えたのは、
大学と短大と専門学校の違いは何か?ということ。

僕の理解では、
大学は基礎学問と応用的な知識の両方を学び、
社会で未知の問題に対処する力を養う。

専門学校は現場で役立つ知識と技術を学び、
現場で役立つ人を育てる。

短大はその中間だろうか。
現場で役立つ専門知識や技術を学び資格を得る。
と同時に基礎学問も学び、社会での問題に対処できる力を養う。

現場で役立つ応用的な知識と技術は僕の専門分野だ。
どう伝えれば学生たちにとって有益かを日々考えている。

しかし、基礎的な学問はぜひ科学者から学んでほしい。
僕の仕事は、科学者の研究結果を現場で活用し、
生活に役立つ情報として飼主さんや学生に伝え、
その伝え方を学生と共に考えること。

科学者には「科学的な視点」や「科学的な考え方」がある。
それを学生に伝えてもらいたい。

そうすればバランスのとれた、
短大ならではのカリキュラムになるのではと思う。

老犬と暮らす(2)

どんどんご機嫌になっていくはなさんは、匂い嗅ぎが大好きだ。
できれば、元気な時に毎日歩いた散歩道を体験させてあげたい、
という飼主さんのご要望で、車いすリヤカーに乗せて、
近所を散歩をすることになった。

DSCN2827_convert_20111107003132.jpg

ごろごろと小一時間ほど歩く。
はなさんの目が回らないように、歩調はごくゆっくり。

匂いが気になると顔をあげて空気の匂いを嗅ぎとっている。
そんな散歩を続けるうちに、途中ではなさんが降りたいと言いだした。
ほふく前進で降りようとするのだ。

自分の力では立ち上がることができないので、
背中の取っ手を持って補助する。
地面に降りると最初はじっと動かずに立っているのだが、
意を決したようにぼちぼちと歩き出す。

初めのころは数歩歩くだけだったのだが、
そのうちにトコトコと足取りが軽くなり、
最長数百メートルも歩けるようになった!拍手!
歩きたい!という強い欲求(意志)には驚かされる。

DSCN2831_convert_20111107010530.jpg

そんなはなさんとのやり取りの中で、
はなさんの気持ちや要望が少しずつだがわかるようになってきた。

車いすリヤカーから降りたいのはすぐにわかるのだが、
車いすリヤカーに乗ってもよいとき、もっと歩きたいときなど、
背中の取っ手を握ると意思表示をするようになった。

それに応えているとなんだがさらに親密度が上がったようで、
家族にしかしなかったのに、僕の顔も舐めてくれるようになり、
ある程度からだも触らせてくれるようになった。

僕たちインストラクターの大事な仕事に、
「犬の気持ちの読み取り方を飼主さんにお伝えする」ことがあるのだが、
こうしたコミュニケーションによってお互いに気持ちを思いやることは、
信頼関係づくりのためにも、本当に必要だなと再確認した次第。

その後のはなさんは、
足が痛くなって歩く距離が落ちたかと思えばまた復活したりと、
一進一退なのだが思った以上に元気になってくれて本当に感謝。

1日の生活サイクルも定まってきて、
夜中に吠えだすこともなくなったそうで、
飼主さんが夜にぐっすり寝られるようになったとか。

飼主さんの体調が悪くなれば、はなさんの待遇も変わってくるので、
夜に静かになってくれて本当によかった。

僕がお邪魔した当初は、
主に犬の世話をするお母さんに強いストレスがかかっていて、
見ていても大変そうだったのだが、
最近は、少し背負っている荷物が減ったように見受けられる。
(僕がそう思うだけかもしれないが…。)

犬を大事にする方が増えた分、
介護時に抱える大変さも増してくるのだと思う。

少しでもそんな飼主さんのお手伝いができればよいなと思う。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。