FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬と暮らす(1)

僕自身は、老犬を看取った経験がない。
現在一緒に暮らす2頭が僕の暮らした犬たちのすべて。
それ以前に、猫や鳥が一時的にわが家いたことはあったが、
犬は友人の家の犬しか知らなかった。

僕たちインストラクター仲間には、
子どものころから犬や動物にまみれて育った、という人たちが多くいて、
実はちょっとうらやましい。

(ある研究では、子ども時代に飼っていた動物種を
成人になってから飼う確率が高いそうだから、そうなるのもうなづける。
しかし、子ども時代に犬を飼っていた人とそうでない人の間に、
現在飼う犬との絆の強さの違いは認められないそうだ。)

そのわが家の2頭も間もなく15歳と13歳だから
老犬には違いないのだけれど介護や看護をしたわけではないので、
老犬の介護をする飼主さんの役に立つようなアドバイスはできない。

最近、そんな僕のところに老犬の介護のお手伝いの依頼があった。
秋田犬のおばあちゃんで「はなちゃん」という。
(「ちゃん」でいいのかな…「さん」のほうがしっくりくるかな)

DSCN2727_convert_20111106065853.jpg


獣医さんからのご紹介で、推定10歳。
(5歳から依頼主のところで大事にされている。)
足腰が弱っていたところに子宮蓄膿症の手術をしたが、
寝たきり状態で、世話をしようとすると吠えて怒るとのこと。

家に来て助けて欲しいとご要望をいただいたのだが、
10歳の日本犬がすぐに僕に慣れるとは思えず、
かつ、介護の経験もない僕がお邪魔して何かできるのか…
自分でも疑問に思う。

そう飼主さんにお伝えしたが、
とにかく来て欲しいとおっしゃるので、とりあえずお邪魔してみた。

エリザベスカラーを付けた「はな」さんの様子を見た感じでは、
手術やその後の処置と痛みで、不信感から苦情を言っているようだった。
犬のために必要な処置なのだからやむを得ないのだが、
犬にとってみればそんなことは関係ない。

少しおやつの力を借りながら「僕」の印象を良くしつつ、
何をすべきかを飼主さんと相談する。

まずは「介護服」。背中に取っ手のついたもので、
後で登場する「車いす」(というよりかわいいリヤカーといった感じ)
とともに、2年ほど前にすでに購入されていたものだそうだ。
この2つのアイテムで「はな」さんへの対応は大きく変わった、と思う。

とりあえずバスタオルを体の下に滑り込ませて(怒っていた!)、
お父さんが吊り上げている間に娘さんと一緒に介護服に前足を通せた。
意外とすんなり。はなさんも「あれっ?何?」って感じ。

これで寝返りやトイレの汚れを掃除することがとても簡単になった。
(といってもお母さんにとっては重労働だと思う。)

トイレは敷いてあるシーツに染み込ませ、すぐに洗濯。
床ずれができないように定期的に向きを変える。
はなさんに嫌な思いをさせずに世話が済むので、
飼主さんも少し気が楽なようす。

そのうち、背中の取っ手を持って支えると、
よろよろと歩いて庭へ出てトイレもできるようになった!
でもエリザベスカラーのせいで、地面の匂いは嗅ぎにくそうだ。

怒りやすい状態の秋田犬のエリザベスカラーを外すのは、
世話をする人にとって勇気がいると思うのだが、
傷の回復も順調なので外してやりたいとのこと。
犬にとっては良い選択だと思う。

結果的には、
これではなさんのストレスもかなり改善されたのではないかと思う。
次にお邪魔した時にはとても穏やかな雰囲気。

DSCN2825_convert_20111107000741.jpg

次第に僕にも慣れてきて、ある程度は受け入れてもらえたようす。

続きは、車いすリヤカーのお話を。
スポンサーサイト

5つの自由

犬をペットとして飼うことは、動物の利用のひとつである、と思う。

他にも盲導犬、介助犬などの補助犬、警察犬、災害救助犬、
麻薬探知犬、番犬などさまざまな利用がある。

犬に限らず動物の利用を考えると、
僕たちは、牛、豚、鶏などの産業動物を食べたり、ミルクを頂戴したり、
皮などでカバンや靴や衣類を作ったりする。

製薬会社や研究施設では、ラット・イヌ・サルなどでは
動物実験を行い、その商品を僕たちは購入する。

戦争でも多くの動物が使われる。

身近なところではTV番組やコマーシャルで動物を見ない日はない。

その他にも人間は多くの動物を利用して生活している。

利用が倫理的に認められるかどうかは様々な意見があるだろうが、
利用する以上、その動物の福祉は人がしっかり配慮すべきだろう。
利用される動物は配慮される権利があるという考えもある。

動物の福祉を考えるうえで欠かせない考え方に「5つの自由」がある。
イギリスで産業動物の福祉のために考えられた。
それが現代では家庭犬にも適用されるようになった。

「5つの自由」に現在の犬との生活を具体的に当てはめてみた。

①飢えと渇きからの自由(十分な給仕と給水)
  → 1日2回以上の食事/体重管理/いつでも水が飲める…

②不快からの自由(衛生的でストレスがない)
  → ケアーを受け入れる/トイレや居場所の掃除/暑さ・寒さ…

③自然な行動をする自由(習性の確保)   
  → 匂い嗅ぎ/社会的接触/身体をこすりつける…

④痛み・怪我・疾病からの自由(病気やけがへの適切な対処)
  → ケアーが必要/治療を受ける…

⑤恐怖や抑圧からの自由(肉体的・精神的苦痛からの解放) 
  → 体罰/脅し/長時間の一人の留守番/長時間のクレート
    /短い鎖… の禁止

さて、わが家の老犬は「5つの自由」を満たしているだろうか?


激しい甘噛み

パピーや生後1歳くらいまでの若い犬のご相談に、
甘噛み(・・それも激しい!)がある。

チワワなど小型犬の歯が刺さるような痛さのものから、
柴犬など中型犬の手を出すだけでガブガブくるもの、
ラブラドールなど大型犬の噛まれるとイタイだけでなく、
悲しくなってくるものまで、
飼主さんにとっては大問題であることが多い。

多くの場合は一過性で、
しっかり匂い嗅ぎ散歩をして、
噛むものをたっぷり与え、
犬のボディーサインを読んで嫌がることを無理やりせず、
犬が気持ちいいように撫でて(掻いて)あげ、、
お行儀のよい行動を伝えれば通常の甘噛みで済んでしまう。

通常の甘噛みは、時期がくると噛まないくなってくる。
激しい甘噛みは、
体力が余り、ストレスが溜まっていたり、
噛むことで飼主の関心が得られたり、
叱ることでフラストレーションがかかったり、
とても噛みたいタイプ?の仔犬だったり・・・。

仔犬は口で物を確認する。人間の手の代わりだ。
世の中のいろんなものを理解するのに
匂いを嗅ぎ、くわえてみることが必要なのだ。

個体差は大きいが、
犬の好奇心は3歳くらいで(日本犬は1歳を過ぎる頃だろうか)
落ち着くと言われている。
逆に言うとその好奇心は脳の発育に欠かせないのではないかと思う。
3歳くらいまでは脳に刺激が必要なのだろう。

そう考えると、ある程度は妥協が必要だろう。
とはいえ、激しい甘噛みをされる人間にも限界がある。

対処法はいろいろだが、基本的な欲求を満たしたうえで
やれることを考えてみる。
考え方の基本は、
「良い行動を教えて強化し、悪い行動は報われないよう管理する」

まずは、噛ませない環境をつくる。
家の中で一時的にリードにつなぐのもよい方法だと思う。
ケージに入れるのは、噛む経験をさせないためには良いが、
噛んではいけないということも伝えられない。

DSCN2413_convert_20111024074756.jpg

つないだ状態で、一緒に遊ぶ(撫でる)。
そうすると噛んでくるだろうから、
「イタイ」と言って届かないギリギリのところまで離れる。
犬が諦めたらすぐに遊び(撫で)始める。
するとまた噛んでくるので「イタイ」で離れる。
これを2~30回繰り返し、噛むと飼主は離れると気づかせる。

基本的に犬は飼主と一緒にいることを好むので、
ルールがわかると噛みを抑えようとする。
通常は3段階で「噛みの抑制(甘噛みのすすめ)」のルールを伝える。
最初は本当に痛いとき、次に少しでも噛んだら、最後に歯が当たったら、
という具合。
これによって噛み加減を学ぶ。
(詳しくはイアン・ダンバーの本を参考に!)

落ち着いたらゆっくり撫でてみる。
ガムがあったほうが落ち着きやすいかもしれない。

DSCN2424_convert_20111024075225.jpg

落ち着くまで両側のほっぺをつかんで押さえつけることもできるが、
犬の性格によっては難しい。
必ずフラストレーションがかかるので、
神経質な犬にこんなことをすれば、一挙に信頼を失う。

また、叱ってもフラストレーションが高まるので、
より興奮して、別の問題が起こるかもしれない。
激しい甘噛みの多くは、無視を徹底できなかったり(消去バースト)、
叱ったために激しくなる(罰のデメリット)ことが多い。

噛むと部屋から出るという方法もあるが、
2~30回も出たり入ったりできるかどうかだ。
日常生活をおくりながらはけっこう大変。

気長にルールを伝えていく。
仔犬との暮らしは根気が必要なのだ。

散歩(1)

若いラブラドール「はいす」をわが家で預かって今日で7日目。
昨日は、鈴鹿短大に連れて行き、授業に出席してみた。

IMG_0787_convert_20111021080730.jpg

とても静かに過ごしていた。
夕方に学校犬の「すず」と楽しく散歩して少々お疲れ気味なので、
今日は静かにお留守番だ。

日曜日にはとりあえず一度帰っていくのだが、
再度お預かりになるかもしれない。

「はいす」はとってもよい犬で、エネルギーに満ち溢れているが、
抑制がきいた甘えん坊の「元気なラブ」そのもの。

朝の散歩で十分匂い嗅ぎをして、いろんなものを口で確認し、
なんにでも興味深々。

今のお気に入りは、道端に落ちている「毬栗(いがぐり)」。
一人でトゲトゲと戦って喜んでくわえて歩いている。
次の毬栗や木の棒やにおいの元を発見した途端、
口から出してしまうのだが・・。

通常、わが家の2頭、15歳のラブと13歳のシェパードの散歩は、
5メートルちょっとのリードの両端に2頭をつないでウロウロする。
(このリードを上手に使いこなすには少々技術が必要。)

首輪にリードをつけているので、
強い刺激が首に伝わらないようにするため、
「ソフトリード」と呼んでいる
やさしいリードコントロールが求められる。

もちろんハーネスにすれば
そこまで神経を使わなくてもよいのだが、
ハーネスをつけても役に立つ技術だと思う。

詳しくは後日にお話しするとして、
「はいす」の動きは激しいので、
5メートルでは追いつかず、やはり7メートルくらいは必要になる。

わが家の老犬の30分散歩では足りないので、
前半にシェパードと、後半にラブと一緒に合計で1時間の散歩だ。

DSCN2432_convert_20111021080356.jpg

写真のような感じで毎日散歩している。(毬栗と戦い中)

この散歩でも前回の「家庭のルール」と同様に
「犬に何を教えるか」を考えさせてくれる。

続きは後日。

家庭のルール

最近、やんごとなき理由から数年ぶりで犬をお預かりすることになった。
7か月のラブラドールのオスで、とっても元気。

DSCN2429_convert_20111019104929.jpg

少年院のmix犬「幸(こう)」や
鈴鹿短期大学のゴールデンレトリーバー「すず」は
たまに預かるが、お客さんの犬では本当に久しぶりだ。

僕が外を飛んでまわり、家にいないことが多いので、
犬を預かることができないでいた。

今回、預かってみて、一緒に暮らすためには
どんなことを犬に教えるとよいかを考え直している。

若い犬にとって人と暮らすために学ぶべきことは多い。
同時に人が若い犬に与えるべきことも多くある。

例えば、若い犬はエネルギーに満ち溢れ、好奇心旺盛。
人との暮らしが退屈だと犬たちはさまざまな問題を引き起こす。

若い犬の飼主は、
あふれんばかりの体力を健全な方法で燃焼させねばならない。

まずは朝の散歩。

しっかりと匂い嗅ぎをし、
長いリードをつけて飼主の周りを小走りにウロウロし、
いろんなものをくわえてみて、家に帰ってくると疲れて横になる。
そんな日々の散歩が健全な犬を育む。

家の中のルールでは、
家の中で暴れてはいけないことを学び、
噛んでよいものを十分に与えられ、
飼主とまったりと時を過ごす。

DSCN2443_convert_20111019111139.jpg

時にはケージで留守番をし、
おもちゃをぼろぼろにし、お腹を見せて爆睡する。
もちろんケージの大きさは犬が寝ころぶ場所を選択できるような広さでなくてはならない。
(ドイツの法律では小型犬でも1頭あたり6㎡≒3.6畳が必要!)
その上で、日々の生活での家庭のルールを学ぶ。

「ダメ」と言われたらやめて諦める。飼主はそれをすかさず褒める。
これがもっとも大事な抑制。
こういった抑制が、
将来、飼主と犬の「お互いの気持ちを尊重しあえる関係」を作る。

また、扉が開いてもダッシュで飛び出さないことや、
階段を駆け上ったり下りたりしないこと、
寝る時は隣で寝る飼主を邪魔しないこと、
猫やバイクを追わないこと、
なども双方が危険な目に合わないためには大切だ。
(寝る時邪魔しないのは、飼主の寝不足防止だけれど)

しかもこれらのルールは、犬を痛い目にあわせないで教える。
もちろん叱ってはいけないとは言わないが、
殴ったり蹴ったりするのではなく、
何度も繰り返し止めたり、経験させないように管理したり、
特に大事なことは良い行動を教えてしっかり定着させること。
それで犬が納得して学んでいく。

これが考え方の基本。


犬の「わがまま」について考える

インストラクター仲間でつくる
P.I.G.の標語は「リードの両端の幸せ」だ。

僕のお師匠さんの言葉をそのままいただいたのだが、
飼主だけでなく犬も幸せを感じてこその「犬との幸せな暮らし」
だと思う。

飼主にとっての幸せは人により様々だろうが、
犬にとっての幸せとはなんだろうか?

聞いてみないとわからないので、人が配慮するしかない。
動物福祉の「5つの自由(ファイブ・フリーダム)」は最低限必要だろう。その上でストレスの少ない生活が求められる。
ストレス自体は全くの悪ではないが、
過剰なストレスは心身に悪影響を与える。

環境や日常生活での誤った習慣から生まれるストレス、
例えば家の前を通る犬に毎日「ワン!ワン!」吠え続ける環境や、
激しいボール投げや過度に興奮させるような遊びなどだが、
そういったストレスは改善した上で、
「わがまま」とストレスを考えてみる。

「わがまま」な犬はストレスを感じやすいだろうか?
「わがまま」とは相手の気持ちを尊重することなく、
自分の気持ちを優先することが「普通」の状態になっていることだ。
自分の思い通りにならないときにイライラし、
ストレスを感じることはあるだろう。

では、人が犬を「わがまま」だと感じるのはどんな時だろう?
何かが欲しくて「わんわん」吠え、
それを止める飼主の手にイラついて歯を当てる。
止める飼主が悪いのか?あきらめない犬が悪いのか?

そもそも犬は人と暮らすことを選択した動物だと言われている。
(人がオオカミを捕まえて慣らしたという説もあるが・・。)
社会的な特徴が似ていたために、共存しやすかったのかもしれない。

環境が豊かで犬が自由にウロウロできる時代に
犬たちはどんな暮らしをしていたのだろうか?

インドネシアの田舎に何度か行くことがあり、その度に数日過ごした。
そこに住んでいた犬たちは
終日ウロウロしたり好きなところで休んでいた。

人の集まるテーブルの足元でごろごろして足で撫でられ、
人間の食後は残飯の食事。夜は飼主の部屋の前にのマットの上で寝る。
かなりストレスフリーな感じだ。

日常の生活では基本的に犬は歩くことが多く、
走るのはたまに誰かが敷地内に近づいたときくらいで、
しかも吠えながら走り寄る程度だった。

犬たちはストレスを感じているようではなかったが、
ある時、隣の家の鶏を食べた!ので
比較的長い鎖だったがつながれてしまった。
その時に大騒ぎし、かなりストレスを感じていたように思う。

普段からつながれている犬は
そのようなフラストレーションは感じないだろう。
(ただ、短すぎる鎖は本来の自然な行動を制限することになり、
5つのフリーダムを満たしていないので論外。)

要は、
普段当たり前に得られるものが得られないときにストレスがかかる。
行動が消える時におこる消去バーストには
フラストレーションが伴うので、酷くなると過剰なストレス状態に陥る。

「わがまま」からくるストレスとは、
「普通」だと得られるものが得られなくなったときに
フラストレーションがかかり、
そのためにかかるストレスのことだろう。

なので普段から物事には、自分の思い通りにならないことがある
ということに慣らしておく必要があるだろう。
他人の敷地内にあるものや、
近所の子どもが食べているアイスクリーム、
テーブルの上にある人間の食べ物などなど・・。
それを「普通」と感じる生活のルールが必要だ。

「わがまま」な犬に育てないためには、
お互いの気持ちを尊重できる関係をつくること
(犬の欲求を満たし、お行儀のよい要望に応えてあげ、
飼主の言うことにも喜んで応えてくれる関係)と、
人間との暮らしに必要な「抑制」をルールにしておくことだろう。
そのためにもコミュニケーションは不可欠だ。





トゥーリッド・ルーガス再発見

もう4~5年くらい前になるだろうか。
D.I.N.G.O.主催で、「カーミング・シグナル」でおなじみの
トゥーリッド・ルーガスさんのワークショップが和歌山で開催された。

1泊2日のキャンプで
朝の散歩やロングリードを使った匂い嗅ぎ歩き、
パラレルウォーク(犬の苦手な犬を他犬に慣らす歩き方)、
舌打ちを利用した呼びの練習など、
それまで何度か参加した「カーミング・シグナル」のセミナー内容とは
少し違うワークショップを楽しんだ。

もちろん定番の「カーミング・シグナル」やストレスの話も聞けたが、
休憩時間にドッグランで犬を遊ばせている参加者に、
ストレスをかける遊びはすぐにやめるように言ったりと
それまでの僕たちにない「常識」を伝えてくれた。

ドッグランだけでなく、アジリティーやフリスビーなど
犬の本能に基づく競技は犬を強制的にストレスフルな状態に引き込む。
ストレス管理は物をかじったり、しっかり匂い嗅ぎしたりと
犬が自ら調節する。
人はそれを邪魔しないようにすべきだ、という話。

今となっては「常識」になりつつある話であるが、
当時は正直、広いノルウェーでは終日ブラブラできるかもしれないが、
日本のような環境で犬が飼われている場合には
そういうわけにはいかないよな・・と思っていた。

キャンプが終わり、日常の生活に戻った。
ワークショップで学んだことは、僕の「犬との生活」への考え方や
問題行動への対処法に大きな影響を与えた。
しかし、犬を思いやり、犬の気持ちを尊重する生活を望む
トゥーリッドの本当の意志は
少なくともぼくのクラスでは大きな展開を見せなかった。

ところがこの考え方(「犬の権利」を認める考え方)を
日本で実践している方がいた。
ブログ「ドッグウォーカー博士のスローライフ」を発見したのだ。

まさに「動物の権利」を認め、犬の意思を尊重する生活だ。
ストレスマネジメントの重要性を伝え、日々の暮らし方を伝え、
犬の権利を認めた、犬と人の関係を提案している。

以前「『動物の福祉』と『動物の権利』」で書いたように、
僕は今でも「動物の福祉」側に立っているが、
「動物の権利」に近い方向に大きく舵をきるきっかけになったブログだ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。