スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬育てと子育て

小学校や幼稚園の先生、保護者の方を対象に
何度かお話しさせていただいたことがある。

もちろん子育てについて僕が話すべきことはないので犬育ての話だ。
その中に一つでも子育てのヒントを見つけていただければ、
という企画だった。

結果は手前味噌になるが、
人間の子どもにも多くのことが当てはまるとご好評いただいた。
そのご縁で何度かお話しさせていただいたのだが、
犬を育てることと、子育ての大きな違いは何だろうか?

セミナーでも最初に皆さんと考えるのだが、
犬は生活の多くを飼主の判断に任せて一生を送る。
もちろん犬自身で物事を判断しながら生きるのだが、
飼主無くしては生きていけないのだから人に依存する部分は大きい。

人も子どものころは多くを親や大人に依存している。
しかし、成長につれ依存度合いは減少し、
自らの判断に責任を負いながら自立することが目標となる。
そのためのトレーニングが必要だ。

その異なるゴール地点が大きな違いとなると思う。
動機づけ学習では、双方とも行動が自発されることが重要になるし、
成功へ導くよう環境を操作するのも同じだと思う。
学習の原理は変わらないのだから当然と言えば当然。

ただ、報酬が何であるかが大きく異なる。
犬の場合は外的報酬を利用することが多く、
子どもの場合は外的報酬も重要だが、内的なものも考慮する。

外的報酬とは、文字通り外から得られる報酬で、
食べ物や遊び、褒められることや環境の変化などが中心。
内的報酬とは、外部からはわかりにくいが達成感など。

もちろん子どもの場合も、他者から褒められるなど
外的報酬も多く必要となるが、ボタンが自分でとめられたり、
夢中で絵を描くなど内的報酬が重要になる。

子どもに外的報酬を与える場合、気をつけないと
報酬自体が目的化し、内的報酬をなくしてしまうことがある。
例えば先の絵を描くということを考えてみるに、
最初は、夢中で好きな絵を描いていたのに、
大人から褒められることで、大人が気に入るような絵を描き始める。
これでは本末転倒だと思う。

最初にお話しした通り、子どもの行動問題も
犬の場合と同じ原理を利用している。
行動分析学という学問。

先日、行動分析学会主催の犬関連セミナーが開催された。
「ほめて育てるしつけの盲点」という題で、
内容は少し期待していたものと違ったのだが、
臨床心理士の奥田健次氏がパネラーとして参加されていた。

その奥田氏が紹介された事例の映像がまさに
普段犬の世界で我々が行っていることと同じだった。
(もちろん詳細な報告ではないので細部は異なるかもしれないが…。)

気になって著書を取り寄せてみた。
『子育てプリンシプル』(一ツ橋書店)と
『叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本』(大和書店)だ。
目次の「親」という文字を「飼主」とすれば
すぐにでも「犬の問題治療」の本になりそうだ。

面白そうなのでまたの機会に詳しくご紹介しよう。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。