スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬育て夏季セミナー開催!

  日時:2015年7月5日~9月27日
  会場:三重県総合文化センター 文化会館2階
  参加費:A「犬の生活論」1回2時間2,000円(5回一括8,000円)
       B「犬の学問(犬通)」1回3時間3,000円(4回一括10,000円)
  講師:山越哲生(犬いろは主催 鈴鹿大学短期大学部特任助教)
  お申込み: nawack@f7.dion.ne.jp (お名前、電話番号、メールアドレスを記入)

  A「犬の生活論」9時30分~11時30分 定員①③⑤25名②④40名
   ①7月 5日(日)小会議室「犬の習性」(なぜあんな行動をするの?)
   ②7月19日(日)中会議室「犬のからだと能力」(犬の知覚の世界は?)
   ③8月23日(日)小会議室「犬との生活」(犬との暮らしの常識・非常識)
   ④9月 6日(日)中会議室「パピー」(子犬の時期はなぜもっとも大切なのか?)
   ⑤9月27日(日)小会議室「犬種特性」(犬を飼うってどういうこと?)

  B「犬の学問(犬通)」13時30分~16時30分 定員②④25名①③40名
   ①7月19日(日)中会議室「犬の学習」(犬の学びのルールを知る!)
   ②8月23日(日)小会議室「クリッカー」(犬の考える力を引き出すには?)
   ③9月 6日(日)中会議室「ボディシグナル」(犬の気持ちを読む!)
   ④9月27日(日)小会議室「犬の歴史と本能」(犬と人の切れない縁!)
スポンサーサイト

仔犬に大事な4つのこと

「仔犬に大事な4つのこと」と題した資料を仲間と作成した。
仔犬の社会化の重要性は僕たちの間では自明のこと。
一般の飼主さんの多くはことの重要さに気づかないことが多い。

甘噛みやトイレの失敗やものをかじることが一大事なのはわかる。
しかし、将来のために必要なことは別にある。
最小限やっておくべき4つのことをまとめたのが上記の資料。
P.I.G.のホームページから取得できる。

今回はその解説をご紹介する。
資料は動物病院で配布していただくことを目的としている。
そのため獣医師に納得していただける説明が必要だ。
以下にその解説の内容を紹介する。
解説はいくつかの文献をまとめたものなので最後に紹介する。


1)社会化の重要性

① 社会化期にすべきことと避けること
社会化期前半(生後3週~8週)は、母犬や同胎犬への社会化、
すなわち犬であるということや犬同士のコミュニケーション、
ルール、噛みの抑制、感情の抑制を学ぶ。
後半(生後6~12週)は、周辺環境や他の動物への社会化が促進される
と言われ、人との接触の仕方や人間社会での適切な行動はこの時期に学ぶ。
人への社会化は生後12週齢以降になると困難だと言われている。(※3)

生後8~10週齢頃(特に8週齢)は、仔犬にとって最も精神的に敏感な時期
と言われ、肉体的・精神的な傷を被ると回避反応が最も生じやすく、
次第に新奇刺激を避けようとする行動が現れる。

この頃の恐怖体験は生涯にわたり記憶に残りやすい。(※4,5)
つまり、仔犬期に受けた強い刺激は消えにくいことから
“怖い”経験はさせないことが重要だと言える。

② 社会化期後の警戒心
生後4~6ヶ月齢頃から一時的に恐怖に対する感受性が高まり、
テリトリー意識が発達し、それにより吠えなどの攻撃行動が
見られるようになる。(※6)

今まで平気だったものや気にしなかったものを怖く感じたり
警戒したりするようになる。
社会化期を過ぎても“継続した社会化”が必要である。


2)脳の成長

仔犬期の社会環境が脳中枢の発達に大きな影響を与える。
この過程で神経細胞の発達は増加から減少へ転向し、
中枢神経系における必要な経路を保存し不必要なものを委縮させるという、
成長後の行動形質獲得に必須の過程を経る。(※7)

つまり、適切な時期に適切な経験をさせることで、
適切な神経回路をつなぐことができ、経験させることなく
回路がつなげなかったものは消失してしまう。(★2)

(★2)子猫の目の実験(D.H.ヒューベルとT.N.ヴィーゼルの研究)では、
生まれたばかりの子猫のまぶたを縫合し、数か月後に抜糸をした結果、
目に映ったものが何であるかを認識する機能を失っていた。
実験期間中、視覚刺激を全く与えられなかったため、
脳の視覚野は発達できなかったのだ。
その後、この認知機能は二度と回復しなかった。
このことから、機能を獲得するには、そのための適切な時期がある
と考えられた。(※8)


3)発育初期にすべきこと

① 身体を触る
幼児期(生後2日~4、5週まで)に軽くて短い身体的ストレス(★3)を与える
ことで、将来受けるストレスへの耐性がつき、感情反応も穏やかで、
ストレスに対して「強弱をつけて」反応する。
また、脳の反応にも影響を与え、問題を解決する速度が早くなる。(※9,10)

人との接触(グルーミング等(★4))を通じて、
良好な絆や社会的愛情が生まれ、
なでられたり褒められたりすることを楽しみ、
心拍数も著しく減少する。(※11)

(★3)これを行なう目的は、神経組織が活動し始める時期を早めることにある。
それによって脳の反応力が高まり、成長後の行動に違いが出る。
感情面、知能面でもプラス効果があり、子犬の成長も早くなる。(※12)

例)短時間狭い空間に入れる、冷たい物を体に当てる、様々な足場の上を歩く、
回転させる、体を指でさするなど。強く長い刺激は逆効果となる。

(★4)ラットの実験によると、グルーミング行動が多い母ラットに
育てられた子ラットは、少ない母ラットに育てられた子ラットに比べ、
成長後のストレス反応や不安行動が低下するという結果が出ている。
(※13,14,15)

② 豊かな環境で育てる
豊かな環境として好ましいのは、多種多様な場所と物があり、
珍しくて刺激的な経験ができ、そこで新しいものを学び、
問題を解決し自由に探索し、あれこれ試し、
物や場所と触れ合えることである(★5)。(※16)

(★5) 例)ときどき状況が変わる障害物や迷路、食べ物探しなど
豊かな環境で育てることにより、脳の発育が促され、
問題解決能力や学習能力が高まり、感情的に落ち着き、
状況に対してストレスから立ち直るのも早かった。
また、豊かな環境には、知的な刺激と社会的接触の両方が必要で、
もっとも重要なのは、学習と問題解決の機会を与えることである(※17)

子豚の実験では、退屈な環境で育てられた子豚は、刺激が乏しいために、
夜中も異常に活動的になり、人に対する刺激の欲求も増加した。
これは「探索」システム(★6)が異常に活発になるからではないか
と考えられる。(※18)
刺激の決乏は仔犬の人への激しい甘噛みにつながるのではないかと考えられる。

(★6)自分の身の回りを探検し、調べ、理解したいという基本的な衝動
:パンクセップ博士(※19)


4)家庭でやってほしいこと

① あらゆるモノの印象を良くする(感情の貯金)
『感情の貯金』とは「刺激に馴らす(馴化)」だけでなく、
「刺激」と「おいしい食べ物」を関連づけ(古典的条件付け)、
「刺激の印象をあらかじめ良くしておくこと」で、
≪あれは何だろう?→平気→好き!→大好き!≫と印象を変えていく。

それにより万が一、印象が悪化した場合でも軽く済み、リカバリーも早い。
また、第一印象を良くすることはとても大事で、
その刺激の印象を決定づけるほどの効果がある。
  
② 守る行動を強化しない
本能的な行動(生得的行動)は経験を繰り返すことで強化される。
犬が物を守ることは「本能」であり、日常生活で犬が口から物を奪われる経験を
繰り返すことで「守る行動(くわえて逃げる、飲み込む、うなる、咬むなど)」
が強くなる。

また、仔犬期は様々なものを口で確認する。
その際の“飼主の過剰な反応(大騒ぎなど)”は仔犬の行動を強化させる
可能性があるため禁物である。

本能にかかわる学習の基本は『悪い行動をさせない管理』と
『良い行動の強化』である。
つまり、危険なものをくわえる状況を極力排除した上で、人が奪うのではなく、
人に渡す(まずは食べ物と交換する)ように教えることが重要である。

③ 自立心を養う(分離不安の防止)
「飼主は戻ってくること」と「この場所でひとりでいることは平気」だ
と学習させることが大事である。
これを学習させる前に、長時間の留守番を経験させ続けることで、
犬の不安は増していき、ひとりで留守番ができない犬になる可能性が高まる。
飼主の外出は「別れ」ではなく、
「戻る」ことを期待させるように学習の手順を踏むことが必要。(※20)

④ ガマン(抑制)を好きにする   
社会で暮らす上でガマン(抑制)はかかせない。犬に生活のルールを伝え、
それを守ることでお互いが快適な生活を送ることができる。
ガマン(抑制)を伝える上での注意点は、無理やりではなく
犬が喜んで受け入れたい!と思う方法で伝えることである。


※3 『理想の犬の育て方』スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫 P.189-196
※4 『フォックス博士のスーパードッグの育て方 イヌの心理学』マイケル・フォックス著 北垣憲仁訳 白揚社 P.144
※5 『犬と猫の行動学 基礎から臨床へ』内田佳子・菊水健史著犬と猫の行動学 学窓社 P.14
※6 『犬と猫の行動学 基礎から臨床へ』内田佳子・菊水健史著犬と猫の行動学 学窓社 P.15
※7 『犬と猫の行動学 基礎から臨床へ』内田佳子・菊水健史著 学窓社 P.12
※8 『赤ちゃんと脳科学』小西行郎著 集英社新書 P.42
※9 『理想の犬の育て方』 スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫 P.173-174  P.180-181
※10『犬も平気でうそをつく?』 スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫 P.187
※11『フォックス博士のスーパードッグの育て方 イヌの心理学』マイケル・フォックス著 北垣憲仁訳 白揚社 P.136-139 
※12『理想の犬の育て方』 スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫 P.181
※13『犬と猫の行動学 基礎から臨床へ』内田佳子・菊水健史著 学窓社 P.27
※14「リード装着時の吠え回数」の実験Scott&Fuller(1965)より
※15「人への接近スコア」の実験Freedman et al.(1960)より
※16『理想の犬の育て方』 スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫 P.220
※17『理想の犬の育て方』 スタンレー・コレン著 木村博江訳 文春文庫P.206-217
※18『動物が幸せを感じるとき』テンプル・グランディン著 中尾ゆかり訳 NHK出版 P.21-26
※19『動物が幸せを感じるとき』テンプル・グランディン著 中尾ゆかり訳 NHK出版 P.16
※20『犬はあなたをこう見ている』ジョン・ブラッドショー著 西田美緒子訳 

寄宿舎生活(7)

ブログを書くスピードが遅いので、
問題解決を書いている間に肝心のチャロが家に戻った。
チャロのクラスは秋クラスと春クラスの年2回しか開催しないので、
秋クラスが終了してから春クラスが始まるまでお預かりしていた。

とはいえ、問題解決については最後まで書こうと思う。
少しずつにはなるだろうけれど…。

チャロを送り届けて生活での注意点をお伝えしお別れ。
生活が一挙に静かになり少し寂しくなるだろうなと思っていた。
(反対にチャロの家は賑やかになるのだろうな…)

ところがプライベートクラスでいつも通っているお家の犬を
急遽お預かりすることになり、その足で迎えに行く。
老犬キーパとの静かな生活にはまだ戻れない運命らしい。

さて、本題に戻ろう。
引っ張りを止められるようになれば拾い食いの防止練習に移れる。
抑制の練習だが、勉強会報告3でも書いたように、
犬がガマンを自ら選択するような環境を設定する。

その際、便利なのは「あっ」という合図。
「離れなさい!(Leave it!)」と原理は同じだと思う。
「好子消失による弱化」と「好子出現による強化」で教える。
対象に「近づく行動」を弱化し、「離れる行動」を強化する。
この「あっ」の原理は考えるととても面白そうなのでまたの機会に。

イタズラや拾い食いをしようとしたら合図をだし、
リードで犬の行動を止め、もしくはご褒美になるものを隠し、
犬が諦め離れたら「そう」でフード。
徐々に「犬が対象から離れればフード」に変えていく。

チャロは好奇心旺盛だから何にでも鼻をつける。
近づけるのではなくて、押し付ける感じで匂いを嗅ぐ。
テーブルの上のものには鼻をつけないようにしたいので、
「あっ」は大活躍。でも最低4,5回は繰り返さないとやめない。

弱化のタイミングは「ビーグルのタブー」が有名。
1968年Solomonによる「罰の効果」の実験。
1歳半のビーグル犬18頭に対して行われた。

この実験は「正の弱化」のタイミングについてなのだが、
「負の弱化」でもタイミングの重要性は同じなので、
中島定彦(2007)『イヌの認知能力に関する心理学研究』
生物科学第58巻第3号から少し長いが簡単に紹介する。 

①1頭で部屋に入れられたイヌは、実験者1名が座る椅子の前に置かれた2枚の皿に、好みの餌(缶詰肉)と好まない餌(固形飼料)がそれぞれ入っているという状況に置かれる。ここで缶詰肉の皿を選んでしまうと、罰として丸めた新聞紙で実験者に鼻面を一発叩かれた。

②6頭のイヌは缶詰肉に口をつけた瞬間に叩かれ、別の6頭は食べ始めてから5秒後、残りの6頭は15秒後に叩かれた。この手続きを1日1回行い、20日連続して缶詰肉を避けて固形飼料を選択する基準まで訓練した。

③その後、実験者がいない状況で缶詰肉の入った皿と固形飼料の入った皿のどちらを選ぶかが試された(1日10分間)。タブーを破って缶詰肉を食べるまでの日数は、罰訓練時の遅延時間が長いほど短かった。(遅延ゼロ群で平均16.3日、5秒遅延で平均8.2日、15秒遅延で平均0.3日)

④即時罰のイヌ(遅延ゼロ)のイヌはひとたび缶詰肉に口をつけるとむさぼるように食べたのに対して、遅延イヌは容易にタブーを破ったが、食べている間にしばしば逡巡していたことである。

③から、やめさせたい行動は行動を始めてから5秒以内に止めること、
④から、犬はその行動を「すること」と「していること」を
分けて理解していることが推測される。

つまり、即時罰の犬は「食べよう」としたことに罰を受けたが、
「食べている」ことに罰は受けていない。
逆に15秒遅延では「食べる」ことに罰を受けていないが
「食べている」ことに罰を受けた。
鼻面を叩かれた犬には面白くもなんともないだろうが、
犬の認知がわかって興味深い。

話はチャロの拾い食いに戻る。
チャロがわが家に来たのは生後7か月。
当時は他の犬や猫?の匂いにはほとんど興味を示さず、
片っ端から匂いを嗅いでは口に入れていたのが、
生後10か月近くになって他の犬の匂いに反応し始めた。

チャロ散歩伊勢

足を上げることはないがマーキングも始めた。
少しオトナになった様子。
やみくもになんでも口に入れることは少し減ったと思う。

チャロが何か見つけた時、それがくわえてほしくない物の場合は、
「あっ」と声をかけつつ歩き続け、ついて来れば褒める。
その時には美味しめのフードを使う。
繰り返すとすぐに諦めてついてくるようになる。

くわえてもよい物、例えば木の枝とか大きめの石、木の実などは
そのまま放っておくか、「いいものくわえてるなぁ」と撫でる。
たまに「チョウダイ」でもらうか、「ぺッ!」で吐き出させる。

これを繰り返すと、困るものはくわえなくなってくるし、
くわえたものを見せに来てくれる。
口から奪うと価値が上がり、守ったり飲み込んだりすることになる。

また、匂いを嗅がないで近くを歩く練習も並行して行った。
これでチャロの拾い食いはほぼ問題なくなった。

最後に、一番厄介な要求吠えと分離不安のお話しを。



寄宿舎生活(6)

人の性格や行動に特徴があるように、犬にもタイプがある。
チャロを見ていると「好奇心旺盛で鋭利でない斧」って感じ。
あっちに走ったかと思うとすぐに別の方向に走り出す。
走り出したらすぐには止まれない。

行きたいと思えば少々の障害物は気にもとめない。
おまけに相手の都合も気にしない。
(先日は学校犬すずのウンチ中に体当たりしてなぎ倒していた…!)

IMG_0522_convert_20130325001654.jpg

「鋭利で細身のナイフ」のような犬なら1度で学ぶ経験も、
何度も繰り返すうちに、やっぱり無理かな…と思い始める。
何度も繰り返し伝えないといけないのでそれなりに大変ではあるが、
考えている経過がゆっくりなのでわかりやすい。

気になっていた体重は徐々にフードを増やすことでいい体形になった。
僕の常識は超えているが現在1日200CCのカップ9杯食べている。
これにガムと散歩時や管理のためのおやつ。
暖かくなるにつれ、少しずつ量を減らしていこう。

今回からはチャロの「困った行動」への対処法を書こうと思う。
寄宿舎生活(5)でご紹介したように、
あり余るエネルギー、激しい要求吠え、分離不安、拾い食い、
抑制のなさ、などが主な問題点。

あり余るエネルギーは抑制のなさを生み、
激しい要求吠えは分離不安とも関係があるだろう。
拾い食いはそもそも犬の持つ強い行動レパートリーのひとつ。
(若い犬にとって探索行動は脳に刺激を与えるためにも必須だし、
ストレス解消にも欠かせない行動。)

以上の3つについて考えてみる。

あり余るエネルギーについては散歩量を増やすことと
ドッグランなどで運動量を増やすこと
かじるものを常時数種類与えておくことで対処している。

週に2回は短大のドッグランで学校犬すずと遊んで(暴れて)いるが、
トゥーリッドさんが見たら「やめさせなさい!」と言うだろうな…。
本当に大暴れ。

毎朝の河川敷散歩は体重減少と軟便で困っていた時に中止した。
その後は老犬キーパとのゆっくり散歩に切り替え現在に至っている。

イージーウォークでの散歩はほぼ引っ張らない。
何気に首輪(プレミアカラー)に変えてみたところ、
上記の「斧」のようにとんでもないことになったので、
しばらくは首輪でも引っ張らない練習をすることにする。

具体的には、
軽く指でリードを引くと戻る(ソフトリードと呼ぶ)ことを教え、
こちらを振り返ったら言葉でマーク(「そう」)し、フード。
徐々に「戻ったらフード」に基準を上げていく。

ソフトリードで呼び戻したらフードを与えるが、
「Go!」の合図まではそばでフードを与え続け、
その場にとどまることを伝える。

もちろんリードが張ったらそれ以上進めないようにリードを固定する。
これが最初は大変。固定する手や腕が痛くなる。
イージーウォークって偉大。
チャロの首にも負荷がかかるだろうが気にしていない様子。

長いリードで散歩している時に
勢いがついている場合は一度に止めると双方に負担なので、
ポンピングブレーキのように段階的に止める。

リードが張ると戻るようになったら、今度は巻き戻し。
引っ張ったら数歩戻ってまた歩き出す。
犬はいちいち戻るのが面倒になり、引っ張らなくなる。
簡単に書いたがスモールステップによる練習は必要。
詳細はまたの機会に。

リードを張らずに歩けるようになればハーネスに移行する。
突進を物理的に止める(管理する)ことと並行して、
心理的な管理も教え始める。

それについては次回。

寄宿舎生活(5)

犬と暮らすルールについて4回に分けて書いてきた。
ルールをお伝えすることが目的だったので、
チャロの行動についてはできるだけシンプルに書いた。
が、チャロに困った行動がまったくないわけではない。

わが家に来るにはそれなりの理由がある。
ひとつはあり余るエネルギー。
ひとつは激しい要求吠え。
ひとつは分離不安。
ひとつは拾い食い。
ひとつは抑制のなさ。
でも、全く悪気がない。とても素直でやんちゃでちょっとビビり。

オス犬が好き、という女性の飼主さんの気持ちがよくわかる。
単純でカワイイと男の僕でも思える。

上記の問題の行動はひとつずつ原因を考え対処してきたが、
他にもうひとつ、わが家に来てからの問題もあった。
来て2週間のうちに少しずつ痩せてきたのだ。
食事の量を増やすと便がかなり柔らかくなり、回数も増える。

IMG_0497_convert_20130207234801.jpg
去勢手術前。少し肋骨が浮いてきた。

いろいろと試行錯誤を繰り返すが、
ある程度までは増えてもそれ以上肉がつかない。
今までもそんな犬が何頭かいたが、胃腸が弱いのだろうと思っていた。
もちろん消化器系に先天的な問題を抱える犬もいたし、
実際に胃腸が弱く、食べても便の量だけが増えて太らない犬もいた。

チャロの場合はわが家に来て痩せていったので、
胃腸ではなくストレスだろうとは思っていた。
去勢手術直後は運動量が減るので太ると思ったが体重は増えなかった。
結論から言うとチャロは「興奮しすぎ」が原因だったと思う。

散歩量が一挙に増え、お出かけが続き、環境が変わり、
正月は同居の犬たちとの関わりで一日中刺激的な日々が続いた。
おまけに要求吠えや分離不安があり、
消去バーストで吠え続け、ストレスレベルはかなり上がっただろう。

庭や外に出すたびに排尿と排便、大量の水を飲み、また遊び。
まあ、ストレスがかからない方がおかしいくらい。
現在は、老犬キーパと2頭だけなので生活を見直してみた。

散歩はキーパと一緒に1時間弱匂い嗅ぎを中心にぼちぼち歩く。
(キーパの散歩時間は増えたが、疲れたそぶりは見られない。)
家の中で自由な時間は増えたが、激しい遊びは禁止。
鈴鹿短大の学校犬すずと週に2日はドッグランで遊べるし、
若い犬のクラスがあるときはチャロを連れて行き、休憩時間に遊ぶ。

室内では、難しいが、できるだけゆっくり動く(結構大変)。
吠える機会を極力減らし(これについては次回詳しく!)、
食事は高カロリーのナチュラルフードに変更。

これで水を飲む量が減り、それに伴って排尿・排便の回数が減った。
排便はしっかりした「いいウンチ」になり、食事量も増やせる。
現在、わが家に来た時の1.5倍食べている。
生後7か月で来たので、成長に伴って単純に食事量は増えているが…。

こうして体形はもとに戻りつつある。
次は問題行動の解決へむけた対応をご紹介する。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。